気になるクローゼットの開けっ放し・・・風水的にはあり?なし?



住宅

クローゼットって、ついつい開けっ放しにしてしまいますよね。

閉めるのが面倒くさいという人もいれば、湿気を逃がすために開けっ放しという理由の人も。

 

冷静になって考えてみると、クローゼットの開けっ放しというのは、風水的に見ると問題ありなのか、なしなのか

やっぱり気になりますよね。

 

トイレは開けっ放しだとダメだと聞きますが、クローゼットも同じような考え方なのか。

一体、真相はどうなのでしょうか。

 

クローゼットの開けっ放し、風水的には・・・

・そもそも風水とは

風水と聞くとなんだか難しく捉えがちだと思います。

しかし私たちが良い生活をしていくのには欠かせないものだとされています。

 

自分に影響する物をいい方向へと変えていき、良い運勢を呼び込むためのことで、実行していくと幸運の持ち主へと近づいていけるんです。

 

・クローゼットの開けっ放しはあまり良くない

クローゼットの開けっ放しは風水的にあまり良くないとされています。

 

この原因は、部屋の気が乱れてしまうからだとされています。

 

中途半端にクローゼットが開いていると、空間が歪んでしまい、部屋にまでその歪みが影響してしまうのだとか。

 

なので、風水的にみると、開けっ放しというのは避けた方がいいですね。

これは冒頭で触れました、トイレの蓋を開けっ放しだと風水的に良くないのと同じですね。

 

実際のところ、カビや防虫効果に関してはどうなの?

・開けっ放しにしていると通気性が良くなる

クローゼットを開けっ放しにしていると、通気性が良くなります。

このおかげで湿気がこもりにくくなるので、カビの発生が抑えられます

 

湿気がこもりにくくなるので、除湿剤を入れておく必要がなくなるので良いですよね。

 

・防虫対策に関しても良い

虫というのは、じめじめとした湿気を多く含んでいる環境を好みますし、さらに温度が高くなっている場所では大繁殖します。

 

それがクローゼットです。

 

なので、開けておくことは湿気を逃がすので良いことだと言えます。

ただ、防虫剤を使っていても、その効果は無駄になってしまうので置かないようにしましょう。

 

風水的にはよくないとされていますが、良い効果もあるのですね。

ただただズボラゆえに開けっ放しにしているのではなく、今日は風通ししようと決めて開け放しておくのはよさそうです。

 

ただし、以下のように、ちょっと気になることもあります。

・危ないこともある

寝ているときにクローゼットを開けっ放しにしておくのは危ないかもしれません。

例えばですが、地震が起きた時にクローゼットの中に倒れてくるようなものがあった場合には、地震により倒れてきますよね。

 

人が寝ている場所から離れていればいいのですが、もしクローゼットの近くで寝ていた場合には危ないです。

 

倒れないように固定しておくか、クローゼットからベッドや布団を離せば、安全性は上がると思います。

 

まとめ

クローゼットの開けっ放しは、風水に関しては気が乱れてしまうことがあります。

風水について気を付けたいと思っているのなら、注意が必要だと言えます。

 

一方でカビや防虫効果に関しては効果が発揮できるのですが、寝ているときに中の収納が落ちてくることもあり、危ないです。

倒れたり落ちてきたりしないように対策をするか、寝る場所をクローゼットから離すなどの対策をしておく必要があります。

 

クローゼットを毎回閉める場合には、たまには開けて中の風通しを良くしておきましょう。

コメント