恥ずかしいメガネの鼻パッドの黄ばみ!きれいにしたいときどうする??



掃除

自分のメガネの鼻パッドはきれいという自信ありますか?

黄ばんでいると意外と目立つんですよ・・・。

 

ちょっと恥ずかしいですよね。

 

きれいにしておきたいと思いますが、なかなか掃除の仕方が分からないかと思います。

結構簡単なので、一度洗ってみてください。

 

メガネの鼻あて、洗浄できる?これって油?

〇洗浄の手順

準備する物

・洗面器(洗面所に栓をしたのや、メガネが入るくらいの物ならなんでも代用可能)

・小さめの歯ブラシ(気にならない人は使い古したものでも代用可能。小さい子用の歯ブラシが小さめで使いやすい)

・中性洗剤(私は普段、食器用洗剤で行います)

・キッチンペーパー

・メガネ拭き(柔らかい布でも代用可能)

 

手順

①洗面器に水を入れます。

数滴中性洗剤を入れて、じゃぶじゃぶと泡立てましょう。

 

②①にメガネを入れて、じゃぶじゃぶと水の中で振るようにして洗います。

この方法をしばらく続けていると、鼻あて部分についている皮脂やフレーム部分の隙間に入り込んでしまった細かいチリなどの汚れを取ることができます。

 

③鼻パット部分の汚れを歯ブラシを使って丁寧にこすり取っていきます。

この方法を試すと、汚れが浮いてくるので更にきれいになります。

 

④汚れをある程度落としたら、きれいな水で良くすすぐようにして、洗剤を流します。

 

⑤④まで終わったら、キッチンペーパーで水気を取ります。

キッチンペーパーは、水分の吸収が良くて、破れにくいのでおすすめです。

 

⑥メガネ拭きを使って、メガネを優しく拭き上げたら完成です!

 

鼻パッドの交換は簡単なのでおすすめ

お店に持っていけば、無料で交換してくれることがほとんどではないかと思いますが、

事前に確認して行きましょう。

 

また、自分でも簡単に交換可能ですので、その手順を以下にご説明します。

 

用意する物

・メガネ

・精密ドライバー

・交換用の鼻パッド

・大き目のメガネ拭き(柔らかめで大きいタオルでも代用可能)

・ピンセット

・大きい精密ドライバー

・交換用ねじ

 

①メガネの下に大き目のメガネ拭きを敷きます。

敷いておくことで、ねじがや鼻パッドがどこかにいってしまったり、壊れてしまうことを防げます。

 

②メガネのねじを外していきます。

このときに、ドライバーを滑らせてしまうとメガネのレンズが傷ついてしまいます。

それを防止するために、ガネのレンズは手などで守っておきましょう。

 

汚れがたまっていると、ねじが固くて回りにくいことがあるので、洗ってからだとスムーズにいきます。

無理やり回すと壊れますので、気を付けてください。

 

③②でねじを外すと、鼻パットがスムーズに取れます。

このときに取れた部品は小さめの袋などに入れておいてなくさないようにしましょう。

 

④新しい鼻パットにねじをつけて、メガネ部分に取り付けていきます。

空気孔が下になるようにつけましょう。

無理やり入れようとするとちぎれてしまうことがあるので、気を付けながら入れていきます。

 

 

まとめ

鼻パットは中性洗剤を溶かした水でじゃぶじゃぶして、歯ブラシで細かい汚れを落としていけば簡単にキレイになります。

 

そして、鼻パッドの装着方法は注意点がいくつかありましたね。

 

鼻パット部分のねじを無理やり開けようとすると壊れますし、

新しい鼻パットを取り付ける時にも無理やりはめようとすると壊れます。

 

せっかく購入した部品に関してはなくさないように、一時保管できる場所を見つけておきましょう。

 

とはいえ、簡単なのでこれらの注意点を気を付けて、取り替えてみましょう。

自信がなければ、メガネを購入したお店で聞いてみてくださいね^^

コメント