自己流じゃまずい?メガネの洗い方、ハンドソープを使うのはアリ?



掃除

自己流でメガネを洗っていると、トラブルが起きてしまうことがあります。

せっかく高いお金出して購入したメガネにトラブルが起きてしまうと残念ですよね。

 

正しい洗い方を知って、メガネを大事に使いましょう。

 

メガネを洗うにはどんな洗剤が適している?ハンドソープはだめ?

 

メガネの汚れの原因

・ほこりや花粉

ほこりや花粉は一年中、空中を浮遊しているのですが、なかなか目には見えません。

ほこりや花粉がメガネについた状態でレンズを乾拭きしてしまうと

レンズが傷つくことがありますので、むやみやたらに拭くのは危険です。

 

・メイク用品

女性だと、まつげに塗ったマスカラがレンズについてしまうということがありますよね。

油分が多いメイク用品がレンズに付着してしまうと、レンズが曇ってしまうことがあります。

 

また、普通の洗い方では落ちにくいという特徴があります。

 

・汗

汗や皮脂がメガネの耳部分のフレームについたり、鼻あて部分についたりすることがあります。

 

耳部分のフレームにつくと、ずり落ちてきたり、鼻パッドは黄ばんできたりします。

 

何で洗えばいいの?

・中性洗剤

中性洗剤というのは、台所用の洗剤などがそうです。

 

え、台所用の洗剤で洗うの?

 

と驚くかもしれませんが、この台所用の洗剤は優秀なんです。

 

皮脂やメイク用品はもちろんなのですが、

ほこりやらハウスダストやらも綺麗に落としてくれるので

レンズの曇りも解消してくれます。

 

〇ハンドソープはどう?

ハンドソープも肌を洗うものなので、メガネにも使えるでしょ!

と思うかもしれません。

 

しかし、ハンドソープというのは酸性だったりアルカリ性だったりします。

 

メガネのレンズというのは、プラスチックでできているものがほとんどなので

ハンドソープを使うと、レンズにされているコーティングがはがれてきてしまうんです!

 

また、フレームが変形してしまうこともあるので

ハンドソープでは絶対に洗わないでください。

 

・お湯

レンズもフレームも、湯を使ってしまうと歪(ゆが)みや変形の原因となります。

入浴中にメガネを洗う方もいますが、なるべく避けるようにしてください。

 

ぬるま湯か水で洗うことをおすすめします

 

メガネを洗う頻度は?

洗う頻度

メガネを洗う頻度というのは、理想は毎日です。

毎日といっても、そんなに大掛かりな洗い方を毎日する

というわけはないので安心してください。

 

毎日やるので、簡単な方法でいいんです。

毎日、水洗いするだけ。ただそれだけです。

 

もし、毎日できない場合には2~3日に一度

 

それも難しい場合には、

次でご紹介する方法を1週間に1度くらいの頻度でやってみてください。

 

〇洗い方

用意する物

・メガネが入るくらいの洗面器(洗面所に栓をするのでも大丈夫)

・中性洗剤

・歯ブラシ

・メガネ拭き

・キッチンペーパー

 

手順

①洗面器に水をためて、中性洗剤を数滴垂らして混ぜます。

この時にお湯は使わないでください。

ぬるま湯程度なら問題ないですが、お湯となってしまうとメガネが変形する原因になってしまいます。

 

①の洗面器の中でメガネをじゃぶじゃぶとさせてから、歯ブラシで細かい部分を掃除していきます。

 

③メガネを洗ったら、水で流してキッチンペーパーで水気を切ってレンズ部分を磨きましょう。

 

これくらいの方法なら、1週間に1回くらいできるかと思います。

 

どうしても面倒くさい!と言う人はこういう専用の洗浄機もありますよ。


★500円クーポン配布中★ 2特典【お米+ポイント】 超音波スーパークリーナー 洗剤不要で細部までキレイに 超音波クリーナー 超音波洗浄器 超音波洗浄機 メガネ洗浄器 宝石クリーナー アクセサリー洗浄器

 

まとめ

ハンドソープは、酸性だったりアルカリ性だったりするので、

フレームが変形してしまうことがあります。

そのため、中性洗剤を使うようにしましょう。

 

また、掃除方法の理想は毎日なのですが、難しい場合には2~3日に一度。

それも難しい場合には、1週間に1度で中性洗剤を使った洗い方も実践してみてください。

そして、たまにはこういう商品を使ってみるのもおススメですよ^^
高いものではないですし、結構きれいになるので気分がよくなりますよ~!

 

 

コメント