放っておいてはダメ!コンタクトレンズで頭痛や吐き気がするあなたはこれを読んで!



健康

身近になっているコンタクトレンズ。

私もメガネよりもコンタクトレンズの方が

今では気軽なアイテムになっています。

 

しかし、目のトラブルも絶えません。

 

もし、コンタクトレンズが原因で頭痛や吐き気があるのなら、

目の病気が隠れている可能性もあります。

 

実際に考えられる原因や対策をご紹介していきます。

参考にしてみてくださいね。

なぜコンタクトをして頭痛や吐き気がするのか。度数が合わないのが原因?

考えられる原因

・度数が合っていない

度数が合っていないと違和感を感じます。

 

特にコンタクトレンズを作ったばかりのときは

物がハッキリと見えすぎてしまうので

それが頭痛や吐き気の原因になってしまうことも。

 

・レンズのカーブが合っていない

コンタクトレンズはカーブを描いていますよね。

 

眼球もカーブを描いているのですが、

同じレンズを使い続けて劣化してしまうと

キズやカーブが変形してしまうことがあります。

 

数ミリ単位のズレでも目にとっては負担に。

 

・眼精疲労

普段からパソコンを使っている方は眼精疲労を

起こしやすいです。

 

家に帰ってもコンタクトレンズを

つけっぱなしにしていると更に眼精疲労は進みます。

 

コンタクト抵抗を感じている

 

コンタクトレンズをつけて

吐き気や頭痛に悩まされている方は、

コンタクトつけはじめが一番多いのでは?

それはコンタクトをつけたことによる違和感です。

 

見えすぎる眼球に張り付く違和感などが原因です。

 

また、コンタクトレンズが

どうしても体質に合わない方もいます。

せっかく作ったからと無理やりに使うことで

ストレスに感じて頭痛や吐き気の症状に悩まされることになります。

 

コンタクトレンズでの頭痛を治すには

治し方

・目薬をさす

コンタクトレンズはも目が乾燥しやすくなります。

ドライアイで目が疲れて頭痛が起こることがあるので

目薬をさすようにしましょう。

習慣づけるといいと思います。

 

・コンタクトを買い換える

コンタクトのつけ心地が何だか違う

度数が合っていないかも

と感じているのなら、コンタクトは新しい物に買い換えましょう。

 

コンタクトが余っているからもったいない!

なんて言わないでください!

 

コンタクト愛用者としてその気持ちは分かります。

 

ただ、そのコンタクトを使い続けると

目への影響は大きくなりますし

目の病気の原因になってしまいます。

 

・コンタクトの正しいケアをする

コンタクトの汚れと言うのはタンパク質。

このたんぱく質の汚れは、毎日しっかりと洗浄しましょう。

 

また、1dayのタイプは

使用したらちゃんと使い捨てないと

いけません。

 

・少しの間メガネに代える

色々と試しても治らなかったら

コンタクトの使用を控えてみましょう。

 

無理してコンタクトを使い続けるのは良くありません。

最近は、安くておしゃれなメガネがあるので、

かけている人も増えましたよね。

 

眼鏡の形も流行り廃り早いですが、

流行り物を買ってももったいないと思わないくらいの値段です。

 

私も最近夫から眼鏡を勧められます。

女の子の眼鏡、可愛いんですって。

 

・眼科で見てもらう

あまりにもひどい場合や中々解決しない場合には

眼科へと言ってみてもらいましょう。

もしかしたら目の病気が隠されているかもしれません。

 

以前コンタクトの定期検診に行ったら、前の患者さんが

こんなひどい状態になるまでなんで放っておいたの?

と、先生にすごく怒られていました。

 

そんなに怒らなくても…とも思ったのですが、

コンタクトの使い方って、意外と雑な人も多いですからね…

(洗わないとかそのまま寝ちゃうとか)

 

怖いことです。

 

面倒ですが、定期検診には行くのは自分のためですから、

ちゃんと行きましょうね。

 

まとめ

コンタクトは使い始めると楽ですが

眼精疲労もあるものです。

 

コンタクトで違和感を感じたら

ちょっと目を休ませたり、しっかりと洗浄を行ったり

メガネに変えたり

場合によっては眼科を受診することも大事です。

 

大事な目を守りましょう。

コメント