30代は体形が崩れるのは当たり前? おばさん体型になりたくないあなたへ



美容・ダイエット

ちまたで言われる【花の20代】が過ぎて、

ちょっとずつ年齢を気になり始める30代に突入しているそこのあなた!!

 

昔のスリムだった頃の体型を維持出来ていますか?

30代になると意外に体型維持って難しいと一般的に言われているってご存知でしょうか?

 

私は、少しずつ体形が崩れ始めています…。

産後一気に加速してしまい、なかなか戻らないんです。

20代の産後よりも30代の産後の方が体型が元に戻りづらいと感じています。

 

30代になるとみるみるうちに体型が変わってしまうというのは本当かもしれません。

 

体型の変化や維持するために必要なことを調べてみましたので、

困っているそこのあなたのために、ご紹介します。

 

加齢による体型変化はなぜ起こる

年齢が上がっていくにつれ、体型が崩れていきますよね。

その大きな理由として、【筋力低下】や【運動量の変化】が挙げられます。

 

年を重ねるにつれて、確かに運動量は減っていく気はしますね。

 

運動量が減ると必然的に筋力低下につながり、

結果として【体型のくずれ】と言われる状態になるのです。

 

30代になると20代よりも皮下脂肪が着きやすく落ちにくいので、

体型変化が見た目にも分かるようになってしまいます。

 

皮下脂肪が着いてくるのは20代後半からですが、

30代になると基礎代謝も低下し始めるため、落ちにくくなった脂肪がどんどん溜まっていき

俗にいう【おばさん体型】になっていくと言われています。

 

皮下脂肪が増えて、筋肉がなくなったところに脂肪がつき、

その脂肪を支えることができないので重力により垂れ下がり…

 

【ぽっこりお腹】や【ヒップの垂れ下がり】を招くことになります。

 

さらに、産後だと骨盤のゆがみにより脂肪がつきやすく落ちにくい体になってしまうんですよね。

 

骨盤のゆがみで骨盤が開いた状態だと内臓が正しい位置ではないところにあり

下っ腹が出たりお尻が大きくなったりすることもあるんです。

 

実際私も、産後はパンツのサイズアップを余儀なくされました…。

 

30代でも40代でも体型を維持するためにしておきたいこと

 

先ほどお話した通り【筋力低下】と【運動量の変化】が体型を変えているので、

 

【毎日無理のない程度の運動】

 

を心がけてみましょう!

 

運動することで、筋力も少しずつ戻りますし筋力があれば基礎代謝が低下しづらくなります。

 

手っ取り早くて効果的なのは、【ジム】に行くことがいいんですが

お金だってかかってしまうので人によっては難しかったりしますよね。

 

ジムとは違い、あなたが自分の意思で続ける

【ウォーキング】や【筋トレ】

などを行ってみるのがいいですよ!

 

私は、子育て中で、外に出る時間が取れないので、もっぱら筋トレです。

隙間時間にちょこちょこやってます。

 

体型維持で1番大切なのは、目標設定をすることです♪

ただやみくもに頑張っても、リバウンドしてしまったら全く意味がありませんよね…。

 

そのため、【目標設定】をしてその目標を達成してからも

ウォーキング】や【筋トレ】を習慣付けて体型維持を心がけてみましょう。

 

まとめ

20代よりも30代になるにつれ体型維持が難しいのは

【基礎代謝】や【運動量の変化】【筋力低下】が主な原因と考えられています。

 

【ジム】などに通うのもありですが、

それよりもあなた自身で無理なく続けることのできる

【ウォーキング】【筋トレ】をしてみてはいかがでしょうか?

コメント