最悪!牛乳をこぼした!畳・ソファー・フローリング…それぞれの対処法!!



掃除

 

うっかり手が滑って、床に牛乳をぶちまけてしまった。

お子さんが遊んでいてぶつかり、テーブルからコップが落ち牛乳が飛び散ってしまった。

 

そんな経験、皆様一度はあるかと思います。

 

慌ててぞうきんでゴシゴシ拭いたら浸み込んでしまった…

なんてこともあるのではないでしょうか。

 

牛乳は匂いもきついしベタベタするので、残らないよう確実に対処したいものですよね。

 

今回は畳・ソファー・フローリングの各対処法についてご紹介します。

 

牛乳をこぼした時の対処法

畳編

用意するもの

白地のタオル(乾いているもの)

 

注意点としては、窓を開けて必ず換気を行うことと、乾いたタオルを使用することです。

 

手順

①こぼした液体の上に乾いたタオルを当て、軽く押し付けます。

※濡らしたタオルは×。かえってシミが広がります。

乾いたタオルを使用する際も、ゴシゴシこするのは×です。

 

②きれいな水をシミの上にかけ、素早く乾いたタオルで水と一緒の汚れを吸い取ります。

タイルの乾いた面を使って、シミの色がなくなるまで根気よく繰り返します。

※かける水は少量で、素早く吸収させてください。

水をたくさんかけたり、吸い取りが遅れるとシミを広げる原因になりかねません。

 

③よく乾燥させます。

 

以上が畳の対処法となります。

 

ソファー編

用意するもの

タオル、重曹水

 

注意点として換気を行うこと。

出来ればカバーは外して、ベランダで干すことをおススメします。

 

手順

①乾いたタオルでまずこぼした部分を拭き取ります(トントンする)

②重曹(タンサン)を振りかけてしばらく放置します。

③掃除機で吸い取れば完了。

 

牛乳の匂いも残らず、おススメです。

浸み込まないうちに対処した方がいいでしょう。

 

重曹を使う際には、牛乳をしっかり拭き取ってから使用してください。

 

拭きが甘いと、黄色く固まってしまいます。

時間がたっている場合は、霧吹きなどで水気を与えてから重曹を試してみてください。

 

こちらの方法は、カーペットにも代用できますので、参考にしてみてください。

 

フローリング編

用意するもの

吸収性の良いタオル(キッチンペーパーなど)

洗浄液(水2Lに対して小さじ1程度の中性洗剤を混ぜたもの)

 

手順

①こぼれた位置を確認、拭き残しがないよう吸収性のよいタオルなどで拭き取る。

こぼれている範囲は広い可能性もありますので、広めの範囲を拭いておきましょう。

 

②洗浄液を布に含ませ、固く絞り二度拭きします。

二度拭きする際も、吹き残しがないよう注意してくださいね。

 

☆ワンポイントアドバイス☆

お米のとぎ汁に雑巾を浸し、固く絞って拭くとピカピカになります。

ツヤを出したり、保護してくれるので時間のある方はぜひお試しください♪

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

こぼしてしまうと焦ってゴシゴシ拭いてしまいがちですが、

かえってシミを広げる原因になってしまいます。

 

また重曹はキッチンの掃除などにも役立ちますので

一袋持っておくと、非常に便利だと思います。

 

焦らず対処し、匂いやシミを残さないよう頑張りましょう♪

コメント