【結露対策】賃貸マンションの場合どうしたら!?



寒い時期は窓などの結露が気になりますよね。

放っておくとカビの原因にもなるから、健康面がすごく心配です。

もし賃貸マンションに住んでいて、結露で壁紙がカビてしまったらどうすれば良いんでしょうか?

賃貸の物件だと、気軽に壁紙を張り替えるなんて出来ないですよね。

 

私は子どもを産んでから色々と敏感になり、今は結露が気になって仕方ないのです…( ;∀;)

 

そこで、今回は結露対策と、カビが生えた時はどうすれば良いのかを調べてみたので、ご紹介しますね。

 

賃貸マンションの結露対策

結露対策には、やっぱり換気が一番です。

そもそも結露は、外と部屋の中の温度差が激しく、しかも室内の湿度が高いと発生してしまいます。

 

冬の朝、起きたら寝室の窓に結露がびっしり!ということはありませんか?

実はこれ、寝ている時の人間の吐息から出た水蒸気によって、部屋の湿度が上がり、そして窓に結露が出来てしまうんですね。

 

また湿った洗濯物を室内干ししている場合や、部屋に観葉植物があったりしても、湿度が上がり、結露の原因になってしまうんです。

 

皆さん、できるだけ結露の元となる湿気を取り除くようにしましょう!

結露を拭き取ったら、窓を開けて風通しを良くしたり、換気扇を回すだけでもOKです。

 

我が家も冬場の寝室は毎日結露がすごいので、窓をずっと開けたままにして換気していますよ。

最近やたら結露が気になると思ったら、今年の冬から家族5人で寝るようになったからのようです…調べてみて気づきました( ;∀;)

 

換気して風通しを良くしているだけで、窓はもちろん、壁や床の結露も乾かすことが出来ます。なるべく、押し入れやクローゼットなども、扉を開けた状態にしておきましょう。

そうすれば収納の中も湿気を取り除けるので、衣類やバッグがカビてしまう心配もありません。

 

窓を開けられないのでしたら、除湿器を使うのがおすすめ。


除湿機 除湿器 送料無料 除湿乾燥機 除湿乾燥器 コンパクト コンプレッサー式 パワフル おしゃれ 湿気対策 カビ対策 結露対策 梅雨対策 部屋干し 室内干し 洗濯物 衣類乾燥 クローゼット 省エネ 節電 節約 エコ

サーキュレーターと併用するとさらに効果的ですよ。

ツインバード 空気循環機 サーキュレーター ホワイト KJ-4781W

 

他には、暖房の温度を上げ過ぎないことですね。

そうすれば外と室内の温度差が激しくなるのを抑えられます。

 

また、結露防止シートを貼っておくのも効果的なので、換気が出来ない部屋はぜひ使いましょう。


結露防止シートでなくても、新聞紙を窓に貼り付けるだけでもOKですよ!

 

賃貸マンションの結露…管理責任は誰にある?

結露によるカビ発生などの管理責任は、まず住んでいるマンションの賃貸契約書を確認しましょう。

多くの賃貸物件では、そこに『結露によるトラブルに関しては、貸主は責任を取らない』と記載されていることが多いんです。

つまり、結露が発生してしまい、壁紙や家具がカビたり、シミができてしまったり、あるいは壁紙が剥がれてきてしまったら、借主である入居者の責任になるため、壁紙などの張り替え費用が退去時に請求される場合もあります。

 

でもやっぱり結露って、どうしても季節によっては発生してしまうんですよね。そのため、こまめに換気が必要なんです。

でも、入居者が換気をしなければ、そのまま結露が溜まって、カビが発生したり、壁紙が汚れたり剥がれたりしてしまうんですね。

 

入居者の換気不足によって発生したカビなら、責任は入居者が負わなければいけなくなってしまいます。

 

ただし、これはあくまで入居者が換気など、十分な対策をしなかった場合のケース。

換気しても日当たりが悪いせいで湿気が溜まりやすかったり、断熱材が入っていない構造のマンションであるなど、建物自体にもともと問題がある場合は、その物件の貸主である管理会社などの責任になる場合もあります。

 

ということはやっぱり、普段から換気をしたり、除湿器や除湿剤などを置く、結露はすぐに拭き取るなどの対策が必要ですね。

念のため、賃貸契約書を確認したり、管理会社に結露で発生したトラブルについて、責任はどうなるのか相談しておくと良いかも知れません。

 

まとめ

結露対策には、換気をすることが一番効果的。

換気が出来ない場合は、除湿器をつけたり、新聞紙を窓に貼ったりしましょう。

あとは、結露はしっかり拭き取っておくのが良いですね。

 

結露が原因でカビが発生した場合は、十分に対策をしていないと、入居者の責任になってしまいます。

普段からしっかり結露対策をして、カビやダニの発生を予防していきましょう!

コメント