じゃがいもは生のまま冷凍できる!冷凍じゃがいもを美味しく食べるには

Uncategorized

じゃがいもは生のまま冷凍してしまうと、解凍してもスカスカになって美味しくなくなってしまう…。うっかりじゃがいもを凍らせてしまった時は、もう処分するしかない><

それがこれまでの常識でしたよね。

ところが、実はじゃがいもって、生のまま冷凍できて、しかも美味しく食べられる方法があるらしいんですよ!びっくり!!

今回はそのあっと驚く方法を紹介します。じゃがいもの長期保存もこれで安心ですね!

 

じゃがいもは生のまま冷凍できるか

じゃがいもも実は、生のままで冷凍することが出来るんですよ!

これはかなり意外な事実ですよね。

 

今までは、じゃがいもは冷凍できないと一般的にいわれていました。

冷凍するとじゃがいもは水分が抜けてしまい、美味しくなくなるんですよね。

私も実際やってしまったことがありますが、食べられたものではありませんでした(/_;)

 

でも、冷凍する前によく水洗いしてキッチンペーパーで水気を拭き取り、ジップロックなどのフリーザーバッグに入れて、空気を抜いてしっかり閉じる。

こうすればOKだったんですよ!

 

食べる時は、凍ったじゃがいもを茹でてみてください。

するとホクホクに茹であがりますよ!

新じゃがを皮付きのまま冷凍しておいて、それを茹でるがおすすめです。

茹であがったじゃがいもは、皮を剥いてバターやマヨネーズを付けて食べても良いし、マッシュポテトにしたり、煮物や汁物に加えても良いですね。

 

もちろん、皮を剥いてから冷凍することも出来ます。

皮を剥いたじゃがいもをくし型にカットして、水にさらしてアクを抜いておきます。

その後はペーパータオルで水気を拭き取り、フリーザーバッグに空気を抜いて密閉して、冷凍しておけばOK!

 

食べる時はフライドポテトにするとカリッと美味しく揚がるので、試してみてくださいね!

 

凍ったじゃがいもを使った料理レシピはどんなものがある?

もしうっかりじゃがいもを生のまま凍らせてしまったら、水分が抜けて食感が悪くなってしまうので、炒め物に使うと良いですよ!

ベーコンやウィンナーなどと一緒に、お好みの味付けにして炒めるとおかずに最適です!

冷凍したじゃがいもはシャキシャキなので、その食感が炒めることで逆に活かされますよ。

個人的におすすめなのは、冷凍じゃがいもできんぴらを作ること!

炒める時に少し多めに油を入れるのがコツです^^

 

くし型など少し大きめに冷凍してあるじゃがいもは、凍ったまま、スープや煮物に加えて、そのまま煮込めば美味しいですよ。

冷凍したジャガイモで、スパニッシュオムレツを作るのもおすすめ。

また、冷凍してしまったじゃがいもは、茹でてすり潰せば、マッシュポテト、コロッケ、ポテトサラダなどに使えるので色々と活用してみてくださいね!

 

ちなみに、うっかり凍らせてしまったじゃがいもは、大きめに使うと食感がイマイチなので、小さめにカットすると良いですよ。

 

まとめ

じゃがいもはよく洗って水気を拭き取り、フリーザーバッグに入れて密閉すれば、生のまま冷凍することも出来ます。

皮を剥いた場合は、くし型にカットしてからアクを抜き、水気を拭いてフリーザーバッグに入れ、冷凍しましょう。

冷凍したじゃがいもは、フライドポテトや炒め物に使うのが特におすすめです。

 

じゃがいもってすぐに芽が出てしまいますが、冷凍しておけば1ヶ月は保存できるので、料理に大助かりですよ!

コメント