花を見ることによる心理的効果ってなに?

Uncategorized

女性なら好きな人が多い「花」。

私ももちろん大好きで、もらったりすると凄く嬉しいものです。

よくバラ園などが期間限定で公開されている場合もあり、実際に行ってみると、凄く綺麗です。

花は癒し効果があるイメージがありますが、実際はどうなのか気になるところですよね。

 

今回は

花を見ることによる心理的効果

癒し効果のある花ってどんなもの?

こちらについてお話していきます。

 

花を見ることによる心理的効果

心理的効果として「人の心を和ませる」という点が一番大きいと思います。

また花のある部屋では「疲労」「抑うつ」「怒り」などが低下すると言われています。

また花のある部屋では交換作用が低下し、副交感作用が上昇したというデータもあります。

花を見るとリラックスしたり、幸せな気持ちになりますが、心理的効果は確かにあるといえそうです♪

また、子供に与える花の効果として

・植物を育てることにより「成長」を学び、充実感が得られる

・美的感覚が身につく

・感性が研ぎ澄まされ、感情豊かになる

・花を通じて、優しさ、喜び、感動を体感できる

以上の点が挙げられます。

子供にたくさん効果をもたらしてくれるなら、自宅に花を飾ったり、ガーデニングをしてもいいかもしれませんね♪

我が家のやんちゃな息子も「やさしくしてあげてね」と言いきかせているので、息子なりに

私は先日、お友達にあげるために小さなブーケをお花屋さんで作ってもらったんですけど、あげるのまでの時間ずっと眺めていました。

可愛くて可愛くて!

たまには自分用にもお花を買って、飾るのもいいかもなあ~なんて思いましたよ^^

癒し効果のある花ってどんなもの?

花には色々な効果がありますが、癒し効果がある花は「ピンク色の花」です。

心身の緊張をほぐしたり、肌を若返らせる効果があると言われています。

優しく幸せな気分になれる色とされ、リラックスしたい時に飾るのがおススメです。

たくさん飾らなくても、一輪でも効果はありますので是非試してみて下さい。

一輪挿しもすっごく可愛いですよ^^

 

次に、色別の花の効果の説明です。

 

「赤の花」

行動心や意欲を引き起こすと言われています。

パワーをもらえる色とされ、低血圧の人におススメです。

朝一番に目につく場所に飾りましょう。

 

「黄色の花」

ストレスやコミュニケーションがスムーズになる効果があるとされています。

また、消化能力を高める効果もあります。

食卓などに飾るのがおススメです。

 

「オレンジの花」

身体を温めたり、体内機能を活性化する効果があるとされています。

新しい事にチャレンジしたい時に最適な色です。

新陳代謝も良くなり、ダイエットに効果があります。

 

「青い花」

精神を安定させる効果があるとされています。

また、ストレス解消にも効果があり

寝室に置くと、安眠効果が期待できます。

 

「白い花」

神経の高ぶりを沈めたり、リラクゼーション効果があるとされています。

落ち着きたい時や、新しい事を始めるときにおススメです。

 

最後に

お花には色々な効果があるので、自分にあった効果のある花を自宅に飾ってみてはいかがでしょうか?

また、自分の好きな香りの花だと、さらにリラックス効果が得られるかもしれません。

植物が多い地域は、犯罪が少ないと言われています。

ぜひ、お花を見て癒されてくださいね♪

コメント