夜行バスで髪型が崩れないようにすることはできる?



美容・ダイエット

夜行バスを利用する場合、女性は髪型をどうすれば良いか気がかりですよね。

しっかりセットしておいても、バスの中で一晩過ごすのですから、起きた時に髪がボサボサになってしまうこともあるはず。

それ以前に、一晩中髪のことを気にして過ごすなんてきつすぎます…←学生時代に経験アリ(*´з`)

 

一体どこのタイミングで髪型をセットすれば良いんでしょうか?

もしくは、髪型が崩れないようにする方法が知りたいですよね。

 

今回は、夜行バスに初めて乗る女性のために、髪型が崩れない方法はあるのか、いつ髪をセットすれば良いのかなどを解説します。

 

夜行バスで前髪べとべと、髪はぼさぼさ…予防することはできる?

夜行バスで髪型が崩れてしまうのは仕方がないことです。

でもヘアクリップなどで簡単に髪まとめておくようにすれば、寝ている時もあまり髪型が崩れないし、ボサボサになったり、ぺちゃんこになるのも予防できますよ。

もしくは、夜行バスに乗っている間は、三つ編みにしておくのも良いでしょう。

また、前髪がべとべとになるのがイヤなら、あぶらとり紙を持ち歩きましょう。

 

セットする前の髪を誰かに見られたくないのでしたら、帽子を被っておくと良いですよ。

これならボサボサの状態でも、あまり人に見られる心配もありません。

 

やっぱり夜行バスに乗る際、女性は身支度がネックなんですよね…。

特に夜行バスって、空気が乾燥しがちだから、冬場は特に肌や喉が渇いてしまうし、髪も静電気が気になってしまうでしょう。

夜行バス、髪セットのタイミングは降りた後が正解

夜行バスに乗っている間は、髪型をキレイにセットしてあっても、絶対に崩れてしまうので、いっそのこと諦めましょう!

バスを降りて現地に着いてから、どこかの化粧室に行って髪をセットすると良いですよ。

 

軽く髪をセットしたり、化粧をするくらいなら、近くにある駅や商業ビル、飲食店のトイレでもOKですが、バッチリメイクやしっかりとした髪のセットをするなら、スパやネットカフェを利用すると良いですよ。

 

また、最近では、ビジネスホテルをデイユース、つまり日帰りの短時間だけ利用できるところも増えているので、あらかじめ、目的地の周辺を調べておくと便利ですよ。

夜行バスでコテやヘアスプレーは使える?

夜行バス内に化粧室があったとしても、コテやヘアスプレー、ドライヤー等は使えません。

そもそも夜行バスの化粧室は、他に利用したい人もいるので、長く占領するのはNGです。

また、ヘアスプレーなどニオイの強いものを使うと、近くの乗客の迷惑になるので、なるべく控えましょう。

 

そして、座席にコンセントが付いていたとしても、コテやドライヤーなどは、火災の原因にもなるし、電力も多く消費します。

特にドライヤーは音がうるさいので、絶対に使用してはいけませんよ。

 

降りてどこかのホテルの部屋で利用するか、ドライヤーやコテ、スプレーなどがいらない髪型にしましょう。

 

コードレスのコテがあると便利ですね。


ヘアアイロン コードレス KHS8610/P/G/W 送料無料 海外対応 海外兼用 ヘアーアイロン コテ コンパクト ストレート ミニ 旅行 メンズ KHS-8610 | アイロン ストレートアイロン 海外 ミニストレートアイロン 美容家電 コードレスアイロン 持ち運び コードレスヘアアイロン

確かに、巻き髪をしたり、バッチリとセットしたい人にとって、夜行バスでの旅行って、ちょっと不便なんですよね。

どうしてもオシャレしたいなら、夜行バス以外の方法で移動しましょう。

 

そうすれば移動に一晩使わなくて済むので、どこでいつオシャレするか悩まなくて済みますよ!

 

まとめ

夜行バスの中では、どうしても髪型が崩れてしまうので、まとめたり編んだりしておいて、ボサボサにならないようしましょう。

 

ヘアセットはバスを降りて現地に着いてからがおすすめ。

 

ただし、駅や飲食店など、他の人も利用する化粧室を長時間占拠するのはマナー違反ですよ。

 

軽く身だしなみを整えるくらいにして、ガッツリとメイクやヘアセットをするのなら、ホテルをデイユースで利用するのがベスト。

 

カラオケ店の個室で化粧するのもアリですが、部屋は汚さないようにしましょう。

 

バスの中では、コテやヘアスプレー、ドライヤーは使えないので、覚えておくと良いですよ。

コメント