食パンの冷凍って袋ごといける? ずぼらだけど美味しく食べたいんです

Uncategorized

食パンを保存する時、冷凍保存するという人も多いようですね。

でも、わざわざ袋から出してラップに包むとなると、面倒な気もします。

では、食パンを袋ごと冷凍するという方法は、やっても大丈夫なのでしょうか。

ここでは、食パンを正しく冷凍保存するための方法をお話していきます

  

パンを袋ごと冷凍するのってアリ?

食パンを冷凍保存する場合、袋ごと冷凍室に入れてしまってもOKです。

 

食パンを袋ごと冷凍室に入れてしまえば、手がパンに触れることが無くなりますね。

そのため、食パンに雑菌が付きにくくなるので、とても衛生的なのです。

ただこの場合、袋の空気を抜いてから冷凍庫に入れることをオススメします。

空気が入った状態で保存すると、パン同士がくっついてしまうからです。

冷凍したパン同士が1度くっついてしまうと、はがすのが大変になってしまいます。

でも空気を抜いて保存すれば、解凍した時、パンを1枚ずつはがすのがラクですよ。

 

又、パンを袋ごと冷凍する場合は、1度袋の空気を抜いた後、袋の口をきちんと閉じておきましょう。

冷凍室に入れて密閉しても、袋の口が開いていると、食パンが空気に触れてしまいます。

その結果、食パンが乾燥してしまって、味が落ちてしまうのです。

なので、ふんわりとした形でOKなので、袋の口は閉じておいてくださいね。

  

食パンの冷凍、ラップがもったいない・面倒な人は

開封してしまった食パンを冷凍する時、どうしてもラップで包まざるを得ないですよね。

ラップで包むと密封性が高くなり、パン同士がくっついてしまいかねません。

そのため、ラップで包む場合、どうしても食パンを1枚ずつ包むしかありません。

でも、「ラップがもったいない」と考える人もいるかもしれませんね。

又、「ラップで包む」というひと手間が、面倒だと感じることもあります。

 

この場合オススメしたいのは、「ジッパー付きのビニール袋に数枚ずつ入れる」という方法です。

ジッパー付きのビニール袋であれば、空気が抜けるので、パンが乾燥する心配はありません。

そして、ラップよりも密封性が低いので、数枚ずつ一緒に入れても大丈夫です。

更に、袋に入れるだけなので、「包む」という面倒な作業もありません。

なので、食パンを保存する場合は、ジッパー付きのビニール袋を使ってみてください。

ラップを何枚も使うより、消費量が少ないので、とてもオススメですよ!

  

食パンはすぐ冷凍したほうがいい

食パンは、常温保存をすると、カビが生えやすくなります。

でも冷凍保存した場合は、2か月くらいは日持ちします。

しかも、おいしさもそのままの状態で保存できるので、とてもオススメの保存法です。

又、冷凍保存すれば、賞味期限が切れても、おいしく食べることができます。

「食パンを買ったけれど、賞味期限内に食べ切れない」と言う場合は、冷凍保存がオススメです。

長く日持ちする上に、味が落ちないということが嬉しいですよね。

食べる時は、わざわざ解凍せずに、そのままオーブンで焼けばおいしくいただけます。

中には、「食パンを買って来たら、すぐに冷凍庫に入れてしまう」という人もいますよ。

 

ちなみに、「常温保存はNGだから、冷蔵庫に入れる」というのはどうでしょうか。

実は食パンの場合、冷凍保存は向いていますが、冷蔵保存には向いていないのです。

冷蔵庫に入れると、食パンの水分の蒸発がどんどん進んでしまいます。

そして、パンが固くなってしまったり、パサパサした食感になってしまうのです。

くれぐれも、冷蔵庫ではなく、冷凍庫に入れましょう!

 

まとめ

食パンを買って来たら、袋のまま冷凍保存してしまうことがオススメです。

このように保存すれば、2か月くらい日持ちし、味も落ちることはありません。

但し、冷蔵庫に入れるとパンが劣化するので、冷蔵保存はNGです。

ちなみに、食パンを開封した後は、ジッパー付きのビニール袋に入れて保存しましょう。

ラップで1枚ずつ包むよりも手間がかからないので、オススメの保存法ですよ!

コメント