半同棲をやめたい!家賃請求できないのもストレスだしいつも一緒は疲れる( ;∀;)

Uncategorized

半同棲していると、自分の時間が少なくなってしまうし、光熱費も増えてしまうから、何気にストレスを感じてしまうんですよね。

でも、泊まりに来る頻度が多いというだけで、パートナーから生活費を請求するのも、ちょっと気が引けます…。

どうにかして半同棲をやめるか、もしくは半同棲でも打開策はないものでしょうか?

 

今回は、恋人と半同棲しているけれど、ストレスが溜まっている人向けに、おすすめの解決法を紹介します。

 

半同棲を解消したい時どうする?

恋人と別れたいわけではないけれど、半同棲を解消したい時には、いっそのこと同棲してみませんか?

半同棲って要するに、恋人が合鍵を持っていたりして、頻繁に家に来て泊まることですよね。

つまりある意味、無料で宿を提供しているようなもの。

それだとやっぱり疲れてしまうし、光熱費も大変なので、どうせ一緒にいる時間が長いなら、もう同棲して一緒に暮らしてしまうのが得策!

 

そうすれば、生活費もお互いで支払うことになるし、家事も分担できます。

恋人との時間も、1人の時間もゆっくり取れるので、かなりおすすめですよ!

 

半同棲は疲れると感じる時にすべきこと

半同棲していて、どうしても疲れてしまい、ストレスも溜まっているのなら、そのことを恋人に相談してみてください。

余程図々しい人でない限りは、理解して謝ってくれるはず…。

 

もし相手がまだ同棲できる状況ではなく、半同棲を続ける必要があるなら、ルールを作ってそれを守ってもらうようにすると良いですよ。

例えば、シャンプーやトイレットペーパーなどの消耗品は、なくなりかけていたら補充しておいたり、ストックを買い足しておくこと、家事をなるべく手伝うことなど。

また、冷蔵庫に入っている食材なども、勝手に食べたり使ったりしないことも、きちんと約束させておくと良いですね。

 

私の経験上、言いたいことを言えないからいつも一緒で疲れる、と思ってしまうんですよね。

ルールを決めてそれを守らせれば、疲れもストレスもかなり軽減できますよ!

 

半同棲での生活費分担について話し合ってみることも必要かも…

ルールだけじゃなく、お金のことも話し合ってみてください。

頻繁に泊まりにくるのであれば、当然ガスや電気、水道も使われるわけですよね。

食事も2人分用意することになります。

 

目安として、週に2~3回は恋人が泊まりに来るのでしたら、月に1万円は請求するようにしましょう。

どうしても、半同棲をしているにも関わらず、家事に非協力的だったり、お金を出すのを渋るようでしたら、この先もきっとあなたに甘えて苦労させられるだけなので、いっそのこと別れてしまった方が良いですよ。

半同棲って、すごくお金のことが曖昧になってしまいがちなんですよね…。

 

でも、我慢してストレスを溜める必要はないので、ここは心を鬼にして、ルール決めと生活費の請求をしましょう!

 

まとめ

同棲を解消したいと思ったら、同棲を提案してみましょう。

もし半同棲を続けるのであれば、あなたにばかり負担がかからないように、生活費の請求と家事の分担、家にいる時のルール決めなどをしましょう。

そうすれば負担が減って、ストレスや疲れが溜まることもなくなります。

 

良いカップルというのは、お互いを支え合うものなので、そのことをきちんと相手にも理解してもらいましょう^^

コメント