きゅうりを弁当に入れたら傷む?ちくわきゅうりは生だと怖い??

Uncategorized

夏場って食中毒が怖いから、お弁当に入れるものにも気を遣いますよね。

特にきゅうりって、夏野菜だけれど基本的に生で食べることが多いから、お弁当に入れても良いのかちょっと心配です。

きゅうりを入れたちくわも、お弁当の隙間おかずとして便利だけれど、傷むかも知れませんよね。

 

そこで今回は、夏場のお弁当にきゅうりを入れるのは大丈夫なのか、解説していきます。

 

お弁当にきゅうりは大丈夫?

基本的にはお弁当にきゅうりを入れても大丈夫ですが、夏場など食中毒が気になる時期は、なるべくやめておいた方がおすすめ。

やっぱり生野菜や水分の多い食材って、夏場は傷みやすいんですよね。

ポテトサラダやサンドイッチなども、なるべく夏場は避けた方がよさそうです。

 

もしくは、保冷剤でしっかりお弁当を囲み、保冷バッグに入れておくのがベスト。

 

ちくわきゅうりは加熱?生?

基本的に、ちくわにきゅうりを入れたものって、生のまま食べることが多いですよね。

つまりお弁当に入れる場合も、ちくわきゅうりは生なので、夏場は入れるのをやめておいた方が安心。

ちくわは茹でたり焼いたりできるけれど、中のきゅうりは生のままなんですよね。

 

でも、ちくわきゅうりって、お弁当の隙間を埋めるのに最適な副菜だし、彩りも良くなるから、作る側としては大助かりの一品です。

 

どうしてもお弁当に入れたい場合は、やっぱり保冷剤でしっかり食べるまで冷やしておくようにしましょう。

 

お弁当にきゅうりの漬物はあり?

漬け物も夏場はお弁当に入れるのは避けた方が良いですね。

やっぱり生野菜だし要冷蔵の食べ物なので、傷みやすくなります。

しかも、お弁当を休憩室のレンジで温めることもありますが、その時、漬物も一緒に加熱してしまうので、ニオイが気になります。

 

もしお弁当にきゅうりの漬物を入れるのであれば、小さなタッパーに個別にして入れておくと良いですよ。

 

また、夏場は漬け物ではなく、きゅうりの酢漬け、つまりピクルスなどなら入れてもOK!

お酢には抗菌作用があるので、生のきゅうりも傷みにくくなっておすすめです。

ピクルスだとさっぱりとした味なので、夏場のお弁当にもおすすめ。

 

ただし、ピクルスもレンジで加熱するとあまり美味しくないので、やっぱり小さなタッパーなどに個別にしておくのが無難。

 

もし夏場でなくても、漬物ってやっぱりニオイが強いものなので、お弁当に入れても良いかどうか、家族に念のため聞いてみましょう。

意外と子供たちは、お弁当に漬け物が入っているのを嫌がることが多いんですよね…。

 

まとめ

きゅうりは涼しい時期だったらお弁当に入れても大丈夫ですが、夏場は生野菜を入れると、傷みやすくなってしまうので、なるべくやめておきましょう。

漬け物も入れないでおくか、酢漬けにしたピクルスなどを入れると良いですよ!

やっぱり、お弁当って夏場は入れるものが限られてしまうんですね。

ただし、どうしてもきゅうりを夏場のお弁当に入れたいのでしたら、よく水気を拭き取り、しっかり保冷しておけば安心ですよ!

コメント