揚げ物をミルクパンで!一人暮らしでもアツアツ揚げたてを♪

Uncategorized

揚げ物って、専用のなべとかフライパンなどでするイメージでしたが、小さい片手鍋、つまりミルクパンでも出来るんでしょうか?

1人暮らしをしていると、大きな鍋で揚げ物をするのって後処理が面倒ですよね。

フライパンだと底が浅いので、油が飛び散ってしまいそうですし…。

 

そこで今回は、ミルクパンなど小さな鍋で揚げ物は作れるのか解説いたいします。

 

一人暮らしの揚げ物はミルクパンでできるってホント?


【●日本製】IHにも対応 燕三(ENZO) ステンレス製 雪平鍋 16cm(片手鍋)【RCP】【EM-8119】

ミルクパンは直径12~15cmほどの小さめな片手鍋なのですが、実は揚げ物にも使えるんですよ!

そのため、一人暮らしに最適な調理器具なんです。

本来はその名の通り、1人分のミルクを温める目的で作られたものですが、実はもっと色んな使い道があります。

 

チャイやミルクティーを煮出して作ることはもちろん、シチューなどの煮込み料理や揚げ物を少量作るのにも使えて便利。

 

また、ステンレス製のミルクパンなら軽くて丈夫なので、アウトドア用品としても人気が高いんです。

ミルクパンって、こんなに便利なものだったんですね!

 

しかも、小ぶりな見た目でオシャレなデザインのものも多いので、一人暮らしの女性にも特におすすめしたいです。


クーポン発行中 柳宗理 ステンレスミルクパン <ふた無し> [艶消し仕上げ] (日本製) (鍋 フライパン まんまる堂)

ミルクパンで揚げ物する時の注意点


パール金属 ミルクパン 14cm ガラス鍋蓋付 ガス火専用 フッ素加工 ニュークラロ H-911

ミルクパンで揚げ物をするのでしたら、フッ素加工のものがおすすめですよ。

油汚れがこびり付きにくく、お手入れも比較的に楽です。

ただし、フッ素加工してあると、急激な温度変化に弱いので、揚げ物などに使ったら、必ず自然に温度が下がってから洗ってくださいね。

 

また、ミルクパンで揚げ物をすると、どうしても揚げ物のニオイがしみ付いてしまうので、ミルクなどを温めると揚げ物臭くなる場合もあります。

出来れば揚げ物に使ったミルクパンは、揚げ物専用鍋として使い続けると良いですよ。

そして、揚げ物をする際、油を入れ過ぎないこと。

 

5mm~1cmくらいの油を注げば大丈夫なんです。

 

あまり油を入れ過ぎると後処理も大変になってしまうので注意しましょう。

 

また、鍋の底の直径が小さいので、五徳の間隔が広いコンロでは不安定になることがあります。

グラグラした状態での揚げ物は大変危険ですので、最初に確認してくださいね。

 

ホーローで揚げ物は大丈夫?

ホーローの鍋で揚げ物をするのはNGです。

実はホーロー鍋って、金属製の鍋にガラス質の釉薬(うわぐすり)を焼きつけたものなんですよね。

 

保温性に優れていて、煮込み料理をする時には最適なのですが、揚げ物をすると温度が上がり過ぎてしまい、表面に焼き付けられている釉薬が剥がれてしまうこともあるんです。

また、焦げ付きや変形の可能性もあるので、ホーローでの揚げ物は避けた方が無難ですよ。

 

ただし最近では、ニトリなどで揚げ物にも使えるホーローの片手鍋があったりするので、それならフライや天ぷらなどを作っても大丈夫でしょう。

でも基本的にはホーローは揚げ物に向いていないので、フッ素加工してあるものやステンレス製のミルクパンで揚げ物をしてくださいね。

 

まとめ

ミルクパンは1人分の揚げ物をするのに丁度いい大きさです。

特にフッ素加工のミルクパンだと、お手入れもラクですよ!

ただし、フッ素加工のミルクパンは急激な温度変化に弱いので、後片付けの時は自然に熱が冷めてからにしましょう。

そして、油は5mm~1cmほど注いで入れ過ぎないこと。

 

また、ホーロー鍋だと揚げ物に向いていないので、必ずそれ以外のミルクパンを揚げ物に使うようにするといいですよ。

 

小さい鍋で1人分の揚げ物を作るって、かなり便利ですよね!

揚げ物を作りたくなったらぜひ試してみてください。

コメント