サンタクロースは24日25日どっちに来るの?プレゼントはいつ置こう?

Uncategorized

12月25日はクリスマスですが、最近はクリスマスイブである24日の方が盛り上がる印象ですよね。

我が家でも、子どもたちとのクリスマスパーティーといえば、24日にすることが多いです。

 

ただ、迷うのはサンタクロース役として子供にプレゼントを贈るのは、24日と25日どちらなのかということ。

 

また、サンタクロースを迎えるにあたって、子供にお礼のクッキーは用意させた方が良いのかな?ということも気になりますよね。

 

サンタクロースからもらえる「良い子認定証」というものもあるので、パパママ必見です^^ 

 

サンタクロースは24日か25日か

サンタクロースが来るのは、24日の夜と考えられるのが一般的のようです。

クリスマスは25日ですから、その日までに、子供たちにプレゼントを配らなければなりませんね。

25日の夜になってしまっては、クリスマス当日までに、プレゼントが全員にいきわたりません。

そのため、24日の夜にプレゼントを配り終えてしまうというわけです。

 

このようなことから、多くの家庭では、24日の夜に、子供の枕元にプレゼントを置いているようですね。

 

24日の夜、子供が寝静まった後に、そっと枕元にプレゼントを置いておくようです。

そうすれば、クリスマス当日である25日の朝には、子供がプレゼントを目にすることができます。

 

サンタクロースへのクッキーは必要?

サンタクロースを迎えるにあたって、クリスマスツリーの下に、クッキーと牛乳を置いておくという家庭もあります。

これは、サンタクロースへの労いと感謝のしるしだと言われています。

 

このクッキーと牛乳は、必ずしも用意しなければならないわけではありません。

でも、感謝の気持ちの大切さを子供に教えるのという意味では、用意するのもいいですね。

どんなクッキーならサンタクロースが喜ぶか、想像しながら用意させるのも楽しいですよ!

  

サンタクロースの良い子認定証とは

最近は、サンタクロースからもらえる「良い子認定証」が流行っているようです。

良い子認定証とは、「今年も1年、良い子で頑張りました」という表彰状のようなものです。

これを作ってあげると子供が大喜びするので、大好評のようですよ!

ぜひ、クリスマスプレゼントと一緒に、良い子認定証を置いておいてあげてください。

 

ちなみに、良い子認定証は、海外のサイトからダウンロードすることができます。

ダウンロードはこちらから

 

英語のサイトが苦手であれば、手書きで作ってあげても良いと思います。

特に、イラストを描くのが得意な人は、手作りのオリジナル良い子認定証がオススメです。

 

 

サンタクロースへのメッセージカードを用意しても楽しい

サンタクロースを迎えるにあたって、子供にメッセージカードを書かせるのもオススメです。

 

メッセージカードは、サンタクロースのことをあれこれ想像しながら書きますよね。

この想像が、子供の心を豊かにしてくれて、感性を育ててくれます。

また、ただプレゼントをもらうだけでなく、サンタクロースとコミュニケーションをしている気分になれますね。

この「カードを書いている時のワクワク感」も、子供にとっては、素敵な思い出になります。

 

 

まとめ

サンタクロース役としてプレゼントを枕元に置くのは、24日の夜が良いようです。

24日の夜にプレゼントを置いておけば、25日の朝には、子供がプレゼントを受け取れますね。

又、サンタクロースとのコミュニケーションとして、クッキーやメッセージカードを用意させても楽しいですよ。

 

子どもとクリスマスを楽しみたい方はこちらもどうぞ♪

松ぼっくりは100均で買える?クリスマスリースの作り方もご紹介!

コメント