ドタキャンする友達への対応!怒る?無視する?イライラ解消法もご紹介!

Uncategorized

何度会う約束をしても、毎回ドタキャンされることが続くと、イライラしますよね。

かと言って、友達である以上、その人に対して激怒するわけにもいかないので、余計にストレスが溜まります。

ここでは、何度もドタキャンを繰り返す友達への対応についてお話します。

又、友達にドタキャンされてイライラした時の、気持ちの切り替え方についても触れていきます。

 

 

当日ドタキャンした友達へのベストな対応って?

友達が約束の当日ドタキャンしてきた場合、初めての場合であれば、相手の事情を察してあげることも必要です。

例えば、急な体調不良だったり、いきなり家族内で問題が起きたりすることもありますよね。

このような場合は、いくら約束をしていても、ドタキャンせざるを得ないからです。

なので、ドタキャンが初めての場合は、広い心で許してあげることも大切です。

 

そして、次に会う約束をする際は、「お互いが確実に会えそうな日」を話し合いましょう。

「何日なら確実に会えるかな」と話を振ると、ドタキャンがしづらくなるものです。

もちろん、必要以上に、相手にプレッシャーをかけすぎたりしては良くありません。

「本当はあなたにとても会いたかった」ということを前面に出して話すようにしましょう。

そうすれば、会うのを楽しみにしていることが相手に伝わり、次のドタキャンにつながりづらくなると思います。

 

 

友達のドタキャンが許せない時、どうやって気持ちを落ち着かせる?

さて、友達にドタキャンされてしまうと、怒ってはいけないとわかっていてもイライラしますね。

そんな時は、何度かゆっくり深呼吸をして、気持ちを十分に落ち着かせましょう。

これを行うだけでも、高ぶってしまったイライラ感が、少しずつ落ち着いてきますよ。

 

そして、どんなに頑張っても、その日は友達に会うことはできませんよね。

なので、思い切って別の楽しい予定を入れて、違った楽しみを見つけましょう。

そのまま悶々とした気持ちで帰宅すると、イライラをずっと引きずってしまいます。

なので、気持ちを切り替えられるように、あえて楽しい予定を入れ、それを楽しんでしまうのです。

 

実は、友達にドタキャンされて別の予定を入れたことで、面白い発見や出会いがあったという声もよく聴きます。

中には、「これがきっかけで人生の転機に繋がった」という人までいるほどです。

なので、「ドタキャン=悪いこと」と決めつけずに、自分を楽しませることを優先させましょう。

「今日の1日は、自分を楽しませるためにある」と考えれば、楽しい1日になりますよ!

 

 

何度もドタキャンする友達がいたらどうする?

ドタキャンも、1度や2度なら許せますが、何度も続くと、さすがに我慢も限界ですよね。

ドタキャンを3回以上繰り返す人というのは、ドタキャンに対して罪悪感を持っていない可能性があります。

「行けなくなったら、当日に断ればいいや」くらいに、約束を軽く見ているのです。

そのような人の場合、1回2回許してあげても、また平気でドタキャンを繰り返します。

なので、この場合は1度、「ドタキャンされて本当に困っている」ということを伝える必要があります。

 

この時、相手を責めるような口調で怒ると、ケンカになって、何も解決しません。

この場合は、「ドタキャンに対して困っている」ということを淡々と伝えることがポイントです。

そしてその後は、相手の出方を見るのですが、言葉よりも行動を見るようにしましょう。

口先で謝っても、またドタキャンをするようであれば、その人は恐らく変わることはありません。

それに対してストレスを感じるようであれば、付き合いそのものを見直した方が良いかもしれません。

 

こちらが一方的に我慢するのではなく、こちらの思いを冷静に伝えることも大切ですよ。

  

まとめ

1度や2度のドタキャンは仕方ない部分もありますが、何度も繰り返す場合は、一方的に我慢してはダメですよ。

相手を責めるのではなく、「こちらが困っている」ということを冷静に伝えましょう。

それでも改善しない場合は、相手との関係性をもう1度考え直した方が良いかもしれません。

又、ドタキャンされてイライラしたら、まず深呼吸をして落ち着き、代わりの楽しい予定を入れてしまいましょう。

いつもと違う人を誘ったり、違う場所に行くことで新たな発見があるかもしれませんよ♪

コメント