六義園のお花見は昼も夜も美しい。ロマンチックな庭園でしっとりとお花見を…



おでかけ

都内にある伝統様式の日本庭園・六義園は、人気のお花見スポットの1つです。

普段なかなか行く機会のない美しい日本庭園で、雅な桜を楽しむのも素敵ですよね。

毎年お花見シーズンになると、六義園はカメラを持った人たちで溢れかえります。

毎年のように行っている私が、六義園の、お花見スポットとしての魅力を紹介します。 

 

東京の日本庭園の代表格・六義園の場所・料金

六義園は、東京メトロ南北線・JR山手線の駒込駅から徒歩7分程度の場所にあります。

近くに駐車場がないので、電車で行った方がいいかもしれませんね。

入園料は、中学生以上が300円、65歳以上が150円になります。

但し、小学生と、都内の学校に通っている中学生は無料ですよ!

休園は年末年始のみなので、お花見シーズンは毎日開園しています。

 

六義園は、江戸時代に作られた、歴史ある日本庭園です。

この庭園は、歴史の教科書にも出てくる柳沢吉保が7年かけて作ったと言われています。

何と、柳沢吉保公が自分で全て設計し、指揮を取って作り上げたそうですよ!

 

園内に一歩入ると、すぐにたくさんの自然たちが出迎えてくれます。

お花見シーズンは色とりどりのお花もとてもキレイですが、六義園は緑も豊かです。

思わず深呼吸したくなってしまう、癒しの庭園ですよ。

又、園内には、広々とした池や、小さな渓流もあります。

静かに流れる水の音に耳を傾けながら、ゆったりお花見を楽しむのもいいですね。

そして、もう1つの魅力は、池を眺めながらのんびり過ごせるお茶室です。

別料金になりますが、お抹茶と和菓子のセットもをいただくことができます。

おいしいお茶と和菓子を味わいながら、時間を忘れてくつろぐのもオススメです。

  

六義園でのお花見プラン、ライトアップや混雑状況

さて、六義園でのお花見の魅力は、「昼も夜も美しい桜」です。

六義園には、見事なシダレザクラとソメイヨシノがあり、豪華絢爛な風景を楽しめます。

満開の時期の桜たちの競演は、ため息が出るくらい美しいものです。

昼間は、気持ちよく吹き抜ける風を感じながら、この光景をじっくり堪能してください。

 

そして、六義園のお花見の最大の魅力は、何と言っても、夜のライトアップです。

いつもは17時までしか開園していませんが、お花見シーズンは21時まで開園しています。

そして、周りが暗くなると、一斉に照明が灯り始め、桜たちを美しく彩り始めます。

この光景は本当に幻想的で、しばらくじっと黙っていたいというくらい感動しますよ!

 

さて、この桜のライトアップは、お花見シーズン中ずっとやっているわけではありません。

毎年3月半ば以降~4月初めと、時期が限られています。

なので、細かいスケジュールは、こまめに公式サイトを確認してみてくださいね。

(http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index031.html)

又、この桜のライトアップは六義園の名物なので、毎年大人気です。

そのため、入場制限されるほど混み合ってしまうので、土日は避けた方がいいかもしれません。

平日でも、遅い時間に入場しようとすると、入り口にかなりの行列ができています。

なので、できる限り早い時間に並んでおくことをオススメします。

 

六義園の花見、持ち込みはできる?

酒類の持ち込みはNGです!

園内でピクニックや宴会はできませんのでご注意くださいね!

  

まとめ

江戸時代に作られた日本庭園・六義園は、豪華絢爛な桜の競演が魅力です。

園内にはお茶室もあるので、和の喫茶タイムを楽しみながら、桜を堪能できますよ。

又、六義園では、お花見シーズンに桜のライトアップも開催しています。

幻想的な夜桜は、1度見たら忘れられないくらいの感動をプレゼントしてくれます!

但し、毎年大人気なので、混雑しない曜日・時間帯を選ぶことをオススメします。

コメント