夏の果物で安いものと言えばコレ!!生の果物と缶詰の違いも

Uncategorized

夏は、サッパリした味わいの果物がたくさん出てくる季節ですね。

でも、夏に出てくる果物の中には、高価なものもたくさんあります、

できれば、安くておいしい果物を食べて、スッキリした気分になりたいですよね。

ここでは、夏に出回る果物の中から、安くておいしいものを紹介していきます。

又、生の果物と缶詰の果物の違いについても触れていきたいと思います。 

 

【夏の果物】安い種類のもの3選

では、安くておいしい、夏の果物を3種類ほど紹介していきます。

 

ぶどう

夏の果物の中で断トツに安いものと言ったら、まずはぶどうです。

しかも、ぶどうは手軽に食べやすく、サッパリした食感がおいしいですよね。

そんなぶどうは、大人にも子供にも大人気の果物です。

7月くらいから出回り始めますが、旬を迎える8月のぶどうはとてもおいしいですよ!

ぶどうは、疲労回復や美肌効果が優れていると言われています。

なので、夏バテや、紫外線による肌荒れを防止してくれる効果が期待できそうですね。

ちなみにぶどうは、果物屋さんでもスーパーでも安く買えるので、助かります!

 

パイナップル

6~8月にかけて旬を迎えるパイナップルも、安くておいしい夏の果物です。

1個100円台程度で買えることが多く、しかもボリュームもあります!

なので、「安いけれど、家族みんなで満足する量を食べられる果物」です。

又、パイナップルは、切ってから時間が経っても、変色しにくいことが特徴です。

なので、一口サイズに切ってラップで包み、冷凍庫に入れておけば、保存もできます。

更に、パイナップルには食物繊維がたっぷり含まれています。

そのため、高血圧を予防したり、腸内環境を整えたりする効果も期待できますよ!

 

面倒くさがりの私はカットされたパイナップルを買っていますよ^^

お友達のところへの手土産にもおすすめです!

 

キウイ

キウイも、ぜひオススメしたい夏の果物で、6~7月に旬を迎えます。

産地や品種によって値段は変わますが、「5個で300円台程度」というリーズナブルさです!

もっと安い場合だと、「5個で200円弱」というケースもあるようですよ!

これだけリーズナブルなのに、栄養価がかなり高いという点も魅力です。

キウイの栄養値は、果物の中でもトップクラスではないかと言われています。

豊富な食物繊維やビタミンC・E、ミネラルやカリウムなどが含まれています。

なので、美容と健康に大きく貢献してくれる、最高の果物ですよ。

特に夏は、暑くて食欲がなくなることが多く、栄養が摂りにくい季節ですよね。

そんな季節にピッタリな果物が、キウイではないでしょうか。

  

果物は生と缶詰どう違う? 代用していいの?

さて、夏の暑い時期に、手軽に果物を食べたくて、缶詰を買う人も多いですよね。

では、生の果物と缶詰の果物は、どう違うものなのでしょうか。

 

缶詰の果物は、「長期間保存すること」を目的として作られています。

そのため、中の果物は加熱処理されており、それによって栄養価が低くなっています。

栄養素の中には、加熱すると量が減ったり、消えてしまったりするものもあるからです。

更に、果物の缶詰には、甘いシロップが入っていますよね。

これによって、必要以上の糖分が加わることになります。

 

一方、生の果物は、日持ちはしませんが、「そのままの状態」が維持されています。

なので、栄養価もそのままですし、余分な糖分が加わることもありません。

 

これらの点から考えると、生の果物を缶詰のもので代用することは、できるだけ避けた方が良いでしょう。

「果物で栄養を摂る」ということを目的にするのであれば、尚更のことかもしれません。

なので、体のためにも、できるだけ生の果物を食べることをオススメします。

  

まとめ

夏にオススメの安くておいしい果物は、ぶどう・パイナップル・キウイです。

どれもリーズナブルな価格にも関わらず、栄養価が高いという点が魅力です。

そして、サッパリした食感が、暑い夏にピッタリですね^^

又、果物を食べる時は、缶詰ではなく、できるだけ生のものをオススメします。

缶詰の場合、栄養価が低くなっており、更に、余分な糖分が加わっているからです。

 

食欲がなくても美味しく食べられるので、熱があるときなんかは、私は食べちゃうんですけどね(´▽`*)

コメント