バーベキュー一人当たりの予算や割り勘の仕方をご紹介!【8~10人程度】

Uncategorized

バーベキューをする時、幹事は予算を考えるのが大変ですね。

特に10人前後の多い人数だと、割り勘をするのも何かと大変!

なるべく不満が出ない予算設定にしたいものですよね。

 

そこで今回は、バーベキューの一人当たりの予算はいくらぐらいか、割り勘の仕方はどうすれば良いかを紹介します。

バーベキュー予算8~10人ならどのくらい?

バーベキューの参加者が8~10人くらいなら、食材の予算は15,000円くらいで十分です。

意外と安いような気もしますが、一人1,500円と考えると、妥当な値段なんですよ。

 

ただし、食材だけでなく、飲み物やバーベキューに使う炭、紙コップや紙皿なども含めると、予算は25,000円ほどになります。

一人当たり2,500円ですね。

 

高くても、一人3,000円以内で、十分にバーベキューに必要なものを揃えられるんですね。

これを参考にして予算を決めていくと良いでしょう。

 

ただし、この予算はバーベキューの道具がある程度揃っていることが前提なので、それもレンタルするとなると、もう少し高くなるかもしれませんね。

 

バーベキューの割り勘の仕方

たくさん肉を食べる人もいれば、肉よりお酒をガッツリ飲みたい人もいるので、どう割っていくかで悩みますよね。

もし同僚や仲間同士など、大人だけのバーベキューでしたらシンプルに、合計金額を人数で割ればOKですよ。

ただし、もし家族連れの参加者がいて、あまり飲み食いしない小さいお子さんもがいるのなら、子供料金を設定するのがおすすめ。

子供料金は大人1人分の半額にすると良いですよ。

 

例えば、一人当たり金額が1,500円なら、子供は一人当たり700円で徴収しましょう。

これなら子連れの参加者からも不満が出る心配がありませんね!

 

また、お子さんの参加者が幼稚園や保育園に通うくらい、まだ小さい子なのでしたら、そんなに食べる量も多くないので、子供は人数にカウントせず、大人の人数だけで割る、という方法もあります。

 

このように、参加者の様子を見て、割り勘の仕方を変えると良いですよ。

そうすれば揉めることなく、バーベキューを楽しめます。

いくらいい大人でも、お酒が入っていると、思わぬところで揉めてしまうもの。

そのため、お金のことは事前にハッキリさせておいた方が良いですね。

 

自宅バーベキューの会費が高いと不満が出るかも・・・?

自宅でバーベキューをする場合、一人当たり3,000円くらいの会費にしてしまうと、高い!と感じる人が多いんですよね…。

主催者側としては、準備や後片付けも大変だし、自分の家を会場として提供するわけだから、このくらいはもらっておきたいけれど、やっぱり参加者からしてみれば、高いと感じてしまうんですよね。

 

家でバーベキューをする場合でも、会費は1,500円前後にしておきましょう。

ただしもちろん参加者には何か持ち寄ってもらったり、後片付けなども手伝ってもらうようにすると良いですよ。

会費は安くする分、他のところでカバーしてもらうのがベストです。

 

まとめ

バーベキューの予算は、8~10人程度なら、食材や必要なものを含め、2,5000円ほど。

一人当たり2,500円の金額です。

 

会費の割り方は、大人だけの参加なら、シンプルに合計金額÷人数にして、家族連れがいるなら、大人1人分の半額を、子供料金として設定しましょう。

また、家族連れのお子さんが小さい場合は、子供の人数を省いて割っても良いですね。

 

そして、自宅でバーベキューをする場合は、2,000円を超える会費だと、高く感じてしまうので、1,500円程度にして、持ちよりや後片付けなどを分担すると良いかもしれません^^

コメント