スーツは何着必要か悩む女性は多い! 内勤か営業かでも違う?

Uncategorized

「スーツが何着必要か」ということは、社会人の女性の悩みの1つです。

必要なスーツの枚数は、内勤か営業職化によって、少し変わってきます。

又、スーツを買うとなると、春~夏物・秋~冬物の2通り用意しなくてはなりません。

なので、それぞれ何着必要かを知っておく必要がありますね。

そこで、社会人女性が用意するべきスーツのことについてお話していきます。

  

スーツは何日着るもの?~女性の場合~

女性の場合、1着のスーツを何日連続で着て良いものなのでしょうか。

まず、1着目のスーツを1日着たら、その後2~3日、そのスーツを休ませましょう。

1着のスーツを毎日連続して着てしまうと、スーツが劣化してしまうからです。

なぜ劣化するかと言うと、毎日体から出る汗や、空気中の湿気などが原因です。

又、スーツを着て通勤帰宅をしたり、歩き回ったりすると、繊維同士がこすれますよね。

これも、スーツが劣化してしまう原因の1つです。

 

このことから考えると、スーツは常に数枚用意し、それを1日ずつ交代で着ることが理想です。

学生時代の制服のように、「1シーズンにつき1着だけ」という形はNGです。

  

スーツは何着持ってる?~内勤の場合~

最近は「社内ではスーツではなく、オフィスカジュアルでOK」という会社も増えてきました。

その一方で、男女ともに、毎日スーツ着用を義務付けている会社もあります。

又、デスクワークメインの仕事と、受付などお客様と接するような仕事でも違います。

 

まず、「オフィスカジュアルでOK」という会社や、デスクワークメインの仕事の場合についてお話します。

当然、前者と後者では、用意しなければならないスーツの枚数が違ってきます。

普段は、あまりスーツを着る機会はないかもしれません。

でも、急な接待や出張などのことも考え、何着かは用意しておく必要があります。

この場合は、春~夏用・秋~冬用ともに、2着ずつくらい持っていれば大丈夫です。

 

一方、「スーツ着用必須」という会社や、接客の仕事が多い場合についてお話します。

この場合、どんなことがあっても常にスーツを着られるようにしておく必要があります。

そのことから考えると、春~夏用・秋~冬用ともに、最低3着ずつ持っていた方が良いでしょう。

特に、スーツをクリーニングに出した時、常に代わりを準備できる状態にしておく必要があります。

  

女性の営業職だとスーツは何着必要?

営業職の女性は、内勤の女性よりも、スーツを多く用意する必要があります。

 

営業職は、スーツを着た状態で、あちこち歩きまわらなければなりません。

当然、スーツが汚れたり、劣化したりする頻度も高くなりますよね。

営業職の女性の場合は、春~夏用・秋~冬用それぞれ、4~5着ずつ持っている人が多いようです。

又、それらの中でも、「半分はパンツスーツ・半分はスカート」と分けている人が大半です。

このような形にしておけば、天候や用途によって使い分けることができますね。

特に、春~夏にかけては暑くなるので、スカートの方を多めに用意するという人もいます。

 

又、あえて違う色のスーツを色々買い、気分を変えて楽しむ人もいます。

営業職はイメージも大切ですから、このようなセンスも必要になるかもしれませんね。

  

まとめ

社会人女性は、どんな仕事であっても、何着かはスーツを用意する必要があります。

1着しか持っていないと、汚れたり、劣化したりしてしまうからです。

内勤の場合は、春~夏用・秋~冬用それぞれ、2着ずつ必要です。

但し、会社の方針や仕事内容によっては、更にもう1着ずつ必要な場合もあります。

又、営業職の場合は、春~夏用・秋~冬用それぞれ、4~5着ずつくらい必要です。

スーツで外を歩き回ることが多いため、汚したり、傷んだりすることが多いからです。

コメント