魚料理は週に何回食べる?肉料理に偏りがちならレパートリーを増やそう!



家事

魚料理って、肉料理と比べて食べる回数が少なくありませんか?

どうしても魚って、焼いたあとグリルを洗わなきゃいけなかったり、さばく必要があったりと、何かと面倒なんですよね。

それに、魚料理だとあからさまに家族ががっかりした顔をしたり( ;∀;)

せっかく作ったのに…と悲しくなります。

 

でも、栄養が偏らないように、なるべく家族にも魚を食べさせたいものですね。

そこで今回は、魚は週に何回食べると良いのか、料理に使いやすい魚は何かなどを紹介します。

 

魚を食べる頻度、理想としては

魚はなるべく、週二回は食べると健康に良いんですよ!

DHAやEPAなど、魚には身体に良い成分が含まれています。

特におすすめなのが、サバやイワシ、サンマなどの青魚と呼ばれるもの。

栄養が多いので、食べると心臓病になるリスクが減り、寿命を伸ばすことが出来ると言われているんです。

 

また、シラスやシシャモなどを食べれば、カルシウムも摂取できますね。

お子さんのこれからの成長のことを考えるなら、カルシウムはたくさん摂っておきたいところ。

週に2回だと、多すぎず少なすぎずな頻度なので、なるべく魚を食べていきましょう。

 

魚料理のレパートリーはこれだけある!

魚料理って、焼いたり、刺身など生だったり、煮魚にするのが主なイメージですよね。

でも、それだけではないんです。

 

魚はフライにしても美味しいし、炒めることだって出来ます。

 

生で食べる場合も、いつものお刺身ではなく、ルッコラやラディッシュを添えて、ドレッシングをかけてカルパッチョ風にするのもオシャレ

 

鍋料理にも使えるし、炊き込みご飯の材料にもなります。

 

どうでしょう?

思ったよりも魚って、色んな料理が作れるんですよ!

 

料理しやすい魚といえば

個人的に、一番料理がしやすい魚は、鮭の切り身だと思うんですよね。

そのまま焼いて食べても良いし、ムニエルにしたり、骨と皮を取り除いて身をほぐせば、クリームパスタやグラタンの具材や、鮭フレークとしても使えます。

ダシ茶漬けにしても美味しいですよ!

 

しかも鮭って、基本的に年中スーパーで売っているし、比較的お安く買えるので家計にも優しいんですね。

 

他には、サバの切り身も意外と料理に使いやすいですよ。

焼いて大根おろしを添えて食べるのはもちろん、食べやすい大きさにカットして骨を抜き、片栗粉をまぶして揚げ焼きにすれば竜田揚げに。

 

サバの照り焼きや南蛮漬けなども美味しいので、ただの焼き魚で家族を飽きさてしまう心配もないですね!

 

また、シラスは丼にしても良いし、大根おろしと和えたり、卵焼きに入れたり、かき揚げにしたりできるので便利。

しかもシラスって、小魚なので骨を抜いたり身をほぐす必要もなく、下処理を必要としない分、料理するのが簡単。

小さい子供も食べやすいので、うちでは常備していますよ^^

 

こうして見ると、魚料理もこれから増やしていけそうじゃないですか?

健康のためにも、魚をどんどん食べていきましょう!

 

まとめ

魚は最低でも週に2回は食べると、心臓病のリスクが減ります。

焼いたり煮たりするだけじゃなく、色んな魚料理があるので、飽きてしまうことはないでしょう。

特に鮭やサバ、シラスは料理するのがとっても簡単なので、おすすめですよ。

コメント