うちなーの意味は○○! 反対語は?~うちなーぐちを覚えよう♪~

Uncategorized

 

「うちなー」とは、沖縄独自の言葉で、本土ではあまり聞くことがありませんね。

沖縄の言葉は独特で、1度聞いただけでは理解することができません。

でも、沖縄の言葉を少しでも覚えると、沖縄に旅行に行った時などに役立ちそうですね。

ここでは、沖縄の言葉の中でも1番メジャーな、「うちなー」という言葉についてまとめました。

 

 

うちなーは方言で、意味は…

「うちなー」は、沖縄の方言の1つで、沖縄の言葉の中では最も知られているのではないでしょうか。

 

ちなみに、「うちなー」は、「沖縄本島」という意味を持った方言です。

この「うちなー」という言葉は、何と、江戸時代から使われていたそうです!

その当時、沖縄は「琉球王国」という独立国家でしたね。

当時の琉球の人たちも、自分たちが住む沖縄を「うちなー」と呼んでいたようです。

 

現在では、沖縄では、「沖縄」という漢字に、「うちなー」というふりがなが付いていることが多いそうです。

なので、今の沖縄に住んでいる人たちも、自分たちが住む島を「沖縄」ではなく、「うちなー」と呼んでいるのですね。

 

 

うちなーの反対語は

「うちなー」という方言には、反対語に当たる方言も存在しています。

 

「うちなー」の反対語は、「内地(ないち)」という言葉です。

「内地」は、「日本の本土」という意味を持っています。

ただ、「内地」と言ってしまうと、沖縄が「外地」という扱いになってしまいます。

「外地」とは、「戦時中に日本が占領していた諸外国」を指す言葉です。

そこと同じ意味の言葉を使うのは良くないのでは、という考えから、最近では「内地」という言葉を使う人が減ったようです。

最近の沖縄の人たちは、「内地」ではなく、そのまま「本土」ということが多いそうですよ。

 

 

うちなーぐちとは?

「うちなー」と関係が深い沖縄の言葉には、「うちなーぐち」という言葉もあります。

「うちなーぐち」とは、「沖縄の方言」という意味を持った言葉です。

なので、例えば「うちなーぐちを話す」という場合は、「沖縄の方言を話す」という意味になります。

うちなーぐちは、琉球王朝時代から使われてきた、歴史の長い方言です。

琉球王朝が滅亡した後も、沖縄の人たちは伝統を守り、うちなーぐちを大切にしてきたそうです。

 

ちなみに、「沖縄の方言」という意味を持つ言葉は、「うちなーぐち」の他にもう1つあります。

それは、「しまくとぅば」という言葉で、直訳すると、「島言葉」になります。

なので、そのまま「島(沖縄)の言葉・方言」という意味になりますね。

読み方が独特なので難しそうですが、よく聞いてみると、「島言葉」という音にも聞こえます。

 

 

ウチナータイムとは

さて、沖縄に行ったり、沖縄の人たちと接したりしていると、「ウチナータイム」という言葉もよく聞きます。

 

ウチナータイムとは、「時間に遅れてきてしまうこと」を指します。

本土では、時間厳守で動いているため、遅刻をすることはあまりよく思われませんね。

ところが、自然と共存する生活が当たり前の沖縄では、時間の流れが全く違います。

人々は皆、どこかのんびりしているため、気心の知れた仲間と会う時は、遅刻しても平気のようです。

大半の人が1~2時間くらい遅刻することがあるらしいですが、それをとがめる人もいないそうです。

 

但し、それはあくまで、「気心の知れた仲間と会う時のみ」です。

学校や職場では、皆、きちんと時間を守って生活しているそうですよ。

 

 

まとめ

「うちなー」とは、「沖縄本土」を意味している、沖縄の方言です。

そして、沖縄の方言を「うちなーぐち」と呼び、うちなーの反対語は、「内地」「本土」です。

沖縄の人たちは、琉球時代からの伝統を大切にしているため、今でもうちなーぐちを話す人が多いようです。

又、仲間同士の間では、遅刻をとがめずにのんびり楽しむ「ウチナータイム」も一般的のようです。

コメント