カップ焼きそばのキャベツって栄養あるの?



料理

ふと思いました。

カップ焼きそばに入っている細かいキャベツって、栄養が含まれているのかな?って。

お湯で戻すからクタクタになるし、すごく量も少ないから、あまり栄養がなさそうですよね。

 

カップ焼きそばなんて、絶対野菜が足りていないのはわかっているのだけど、お手軽な昼ご飯としてつい手に取っちゃうんですよ…。

なんとなく後ろめたい(!?)気持ちになりつつも、

「いや、でもこのキャベツにちょっとは栄養があるかも!?」

…なんて、思いながら食べています(*ノωノ)

 

そこで今回は、カップ焼きそばに入っているキャベツの栄養価と、おすすめしたい後のせトッピングを調べてみましたよ!

 

カップ焼きそばのキャベツの栄養は普通のキャベツと一緒?

実は、カップ焼きそばに入っているキャベツも、少なからず栄養はあるんですよ。

カップ焼きそばに入っているキャベツって、一見すると、何だか全然栄養がなさそうですよね。

 

でも、キャベツは製造されている過程で、フリーズドライ加工されているんですよ。

 

フリーズドライとは、食品を凍らせてから真空状態にして、水分を飛ばす加工技術のことです。

この加工をしていると、食材の栄養成分を変化させることなく、長期保存しやすい状態に出来るんですよ。

だからカップ焼きそばに含まれているキャベツも、栄養がちゃんと入っていることになります。

 

でも、かなりキャベツの量って少ないですよね。

きっと物足りなさや、栄養が偏らないか気にしている人も多いんじゃないでしょうか?

 

カップ焼きそばのキャベツがまずいと感じる時は、自分でキャベツを追加してみる?

カップ焼きそばのキャベツは、お湯で戻すと食感が柔らかくなるため、実は結構苦手な人がいるんですよ。

最初から入れないって人もいるそうです。

 

それに、カップ焼きそばに元から入っているキャベツの量が、すごく少ないと感じているなら、ぜひ自分でキャベツを追加してみることをおすすめします!

 

といっても、追加の仕方はすごく簡単なんです。

生のキャベツを欲しい分だけちぎって、お湯を入れる前のカップ焼きそばに入れます。

あとはいつも通り、お湯を入れて3分待ち、お湯を捨ててソースをかけてよく混ぜればOK!

とっても簡単ですね!

 

最近、ちょっと野菜不足かな?と思ったら、試してみてください。

キャベツと一緒に、モヤシも入れると更に栄養アップしますよ!

 

栄養が偏るのが気になる場合のカップ焼きそばへのトッピング

カップ焼きそばを食べたいけれど、少しでも多く栄養を摂りたいのなら、野菜や肉、卵などを追加すると良いですよ!

 

シンプルに、ニンジンやキャベツなどで野菜炒めを作って、それを出来たてのカップ焼きそばにのせても美味しいです。

また、豚肉を入れるのもおすすめですよ。

 

作り方は、塩コショウして酒をふりかけた豚肉をレンジでチンします。

そして、湯切りしたカップ焼きそばの上にのせ、ソースをかけてよく混ぜれば完成です。

これなら豚肉の栄養も摂れますね!

 

あとは、茹でたエノキを湯切りした麺にのせて、同じようにソースを混ぜて味付け。

こうするとボリュームが出て、満腹感も得られますよ!

エノキは食物繊維が豊富なので、お腹の調子も整えてくれます。

 

そして、個人的に最もイチオシなのは、卵をトッピングすること!

温泉卵を作っておき、それを完成したカップ焼きそばにのせましょう。

卵の栄養もプラス出来るし、味がマイルドになりますよ!

 

目玉焼きをのせて、横手焼きそば風にするのもおすすめ。

これでカップ焼きそばも、更に美味しく、栄養価も高くなりますね!

 

まとめ

カップ焼きそばに入っているキャベツは、フリーズドライ加工されているため、少量ながらも栄養は入っています。

でも、足りないと感じるなら、キャベツやもやし、豚肉、エノキ、卵などを加えて、栄養バランスを更に良くしましょう。

 

美味しさもアップするので、一人暮らしの男性には特におすすめですよ!

コメント