米とぎ汁を花壇の水やりに使うのはNG?どんなデメリットがあるの?



家事

米のとぎ汁って栄養がありそうだから、花壇の水やりに使うとすごく良いような気がしますよね。

でも実は、米のとぎ汁を花壇にまくと、思わぬデメリットが生じるんですよ!

 

一見、とってもエコに見えるし、お花も喜びそうだけれど、そこには思わぬ落とし穴があったんです。

 

今回は、意外と知られていない、米のとぎ汁を水やりに使うデメリットを紹介します。

 

米とぎ汁を花壇の水やりに使うのは…

米のとぎ汁って、お米の栄養が流れ出ているため、色んなことに活用できる、と昔から言われてましたね。

床のお掃除や食器洗い、そして、花壇の水やりにも使えるとのことで、わざわざペットボトルにとぎ汁を溜めている家庭も、多かったんじゃないでしょうか?

 

ところが実は、花壇の水やりに米のとぎ汁を使うのは、良いことだけじゃなかったんです。

確かに、ほんの少しではありますが、お米の栄養を含んでいるため、植物に多少の栄養を与えることは出来ます。

でも、そのメリットを上回るほどのデメリットがあったんですよ…!

 

米のとぎ汁を使うデメリット

米のとぎ汁には、米の栄養分が少し含まれているため、植物だけじゃなく、土の中にいる菌などの微生物も元気になり、どんどん繁殖してしまいます。

 

これは一見、良いことのように思えますが、その実、土から悪臭が漂うようになって、コバエなどの虫がたかるようになってしまうんですよ!

しかも、米のデンプンによって土が固まりやすくなり、水はけが悪くなって植物が根腐れしたり、カビが生えてくることもあります。

 

こんなにデメリットがあっただなんて、良かれと思って今までとぎ汁を与えていた人にとっては、かなりショックですよね…。

 

なんだか、今まで常識だと思っていたものが、ガラガラと崩れ去ったような気持ちです。

 

では、米のとぎ汁には一体、どんな正しい使い道があるんでしょうか?

 

コメのとぎ汁の他の使い道

米のとぎ汁は、洗顔や食器洗い、タケノコや大根の下茹でに使うのがおすすめ。

 

ただし洗顔は、人によっては肌に合わないこともあるので、試しに使ってみて、異常が出たらすぐにやめましょう。

 

また、キッチンの洗い桶にとぎ汁を溜めておいて、そこに使った食器を浸けておけば、汚れが落ちやすくなるので便利です。

ちなみに、フローリングのワックス代わりに使う、という方法もありますが、素材が無垢の木材でないと、使ってもあんまり意味がないんです。

無垢のフローリングというのは、完全に自然の木で出来ているので、とぎ汁を吸って艶が出ますが、現在、ほとんどの住宅に使われているのは、色んな木材を組み合わせたものなんです。

木材を組み合わせたフローリングだと、とぎ汁を吸い込まずに艶が出ないし、でんぷんが表面に固まってしまうので、逆に汚れてしまうんですね。

 

こんな風に、意外ととぎ汁って、使い方に注意しないと逆効果になるものだったんです。

もしとぎ汁を活用する場合は、よく調べてからの方が良さそうですね。

 

まとめ

米のとぎ汁を花壇の水やりに使うと、微生物が繁殖して土が臭くなり、コバエが寄ってきてしまいます。

しかも、土が硬くなり、根腐れやカビの原因にもなるので、デメリットの方が大きかったんですね。

ただしその代わり、洗顔や食器洗い、大根やタケノコの下茹でには丁度良いですよ!

コメント