専業主婦で家計が苦しい!やりくりが下手?そもそも年収が足りない?



家計

専業主婦をしていると、家計が苦しくなってしまいがち。

これってやっぱり、自分のやりくりが下手だからなんでしょうか?

それとも、夫の年収が低いから?

 

今回は、主婦なら誰もが悩むであろう、家計が苦しい時はどうしたら良いのか対処法と、専業主婦でいるために必要な夫の年収の額を紹介します。

 

生活苦しい!専業主婦やめて働くべき?やりくりでどうにかなる?

専業主婦をしていて家計が苦しくなったら、やっぱり働きに行くべきか、それともやりくりを工夫すれば良いのか、悩む人は多いとおもいます。

もしどうしてもやりくりをするのが苦手だったり、浪費癖があるのでしたら、ほんの数時間だけでも、パートに行くなど働きに出た方が良いですね。

 

ただ、小さいお子さんがいると、なかなか働きに出るって難しいですよね…。

その場合は、在宅ワークなどを考えてみると良いですよ。

在宅ワークなら、家にいながら仕事が出来るため、お子さんがいる家庭でも安心!

始めたばかりだと、まだそこまで高い収入を得られませんが、ひたむきにコツコツ続けていれば、月に3~5万円は稼げるでしょう。

 

もちろん、頑張ればその分、収入は増やせるようになっていきますよ!

最近は、メルカリなどフリマアプリで、不要品を出品して稼ぐということをしている主婦も多いですね。

ただ、利益が出ないこともあるので試してみる場合はご注意を。

 

また、FXで稼ぐ、という人もいますが、個人的には絶対やめておいた方が良いと思います。

初心者が始めて、うっかり家計の貯金を全部溶かした、ということもあり得ますので、やっぱり地道に稼ぐ方が安心ですよ。

 

ちなみに、旦那さんの扶養に入っているなら、あまり稼ぎ過ぎて、扶養範囲から外れないようにしましょう。

専業主婦になるための夫の年収って?

実は、奥さんが専業主婦をしている場合は、夫の年収は700万くらいはないと、生活が潤わないんですよね…。

700万って、結構な年収の金額です。

 

実際に、旦那さんの年収が450万円だったりすると、子供がまだ小さいうちは専業主婦やって、小学校に上がったらパートを始める、という人が多いんですよね。

子供がいると、どうしてもお金が必要になってくるし、良い学校に通わせたり、習い事をさせるのでしたら、旦那さんの年収は700万円以上はあった方がいいでしょう。

 

もし、旦那さんの年収が低くても、お子さんがいない家庭でしたら、専業主婦になるのはそこまで難しくありませんが、余裕のない生活になってしまうかも知れません。

 

そうなるとやっぱり、上手なやりくりや、奥さん側の収入も多少なりとも必要なんですよね。

専業主婦の家計が貯金していくための節約術とは

専業主婦をしつつ、貯金をしっかりしていき、家計が苦しくならないようにするには、やっぱり上手な家計管理あるのみ!

そこで家計簿をつけていくようにしましょう。

 

家計簿なんて面倒くさい、三日坊主で終わりそう、と思われがちですが、最近では簡単に家計を管理できるスマホアプリがあるので、それを駆使していきましょう。

 

だいたいは、買い物したあとのレシートを撮って、アプリに送るだけだったり、操作も簡単なんですよね。

これならお金の細かい管理が苦手な主婦でも、難なく続けられます。

家計の管理が出来れば、月々の収入や出費が分かるので、あとは無駄な出費を削っていくだけで、やりくり出来ますよ^^

 

そして、もう一つ。

買い物に行く回数を減らしましょう。

ベタな方法ですが、必要なものの買い物は、週に1回だけ。

1週間分の食事の献立を考えて、それに必要な食材などをまとめ買いしておきましょう。

 

我が家でもこの方法をしていますが、だいぶ食費が抑えられるようになりましたよ!

まとめ

専業主婦をしていて家計が苦しいなら、やりくりの仕方を変えるか、パートをしたり、在宅ワークで稼いでみるのはどうでしょう?

やっぱり旦那さんの年収が700万円以上はないと、よほどのやりくり上手でない限り、専業主婦をするのって難しいんですよね。

 

でも、やりくりを完璧にするなら、家計簿をつけて、買い物に行く回数も減らしていきましょう。

コメント