食洗機の洗い忘れを防ぐ!忙しくて回したかどうかわからなくなるのあるある!



家事

せっかく食洗機があるのに、ついうっかり洗い忘れてしまった経験ってありませんか?

忙しいとどうしても、食洗機のスイッチを入れるのを忘れてしまうことがあるんですよね。

どうにかして、洗い忘れを防げないものでしょうか?

 

ずっと汚れたままにしておいた食器って、すごく不衛生だし、ニオイもしてそうで心配ですよね。

そこで今回は、食洗機の洗い忘れを防ぐ、おすすめの対策を紹介します。

 

食洗機の回し忘れ・回したかどうかわからなくなることを防ぐには

食洗機の回し忘れを防ぐには、タイマーをセットしておくのが1番ですね。

我が家でも、食洗機ではないのですが、炊飯器でご飯の炊き忘れが時々あったので、予約機能を使うようにしています。

自動で何かをしてくれる家電って、予約機能を活用した方が、回し忘れがなくて便利!

 

また、食洗機を回したかどうか、分からなくなってしまうのを防ぐために、食洗機のラックの1番手前に、コップを一つ、上向きで置いておきましょう。

もし、このコップに水がたくさん溜まっているのでしたら、食洗機を回したという証拠になるので、食器類は洗浄済みです。

反対に、コップに何も入っていない場合は、まだ食器を洗っていないということなので、食洗機を回しておきましょう。

 

特にアイテムも必要なく、ほんのちょっとの工夫で、洗浄済みかそうでないか分かるようになるので、ぜひ試してみてくださいね!

 

放置した食器はどうなる?

洗い忘れたまま放置してしまった食器は、汚れがこびれ付いてしまい、キレイになりにくくなってしまっています…。

特に夏場など暑い時期だと、コバエが寄ってきたり、雑菌が繁殖して悪臭が発生するかもしれないんですよね。

なるべく避けたいところですが、忙しいとついつい食洗機を回すのを忘れてしまうこともあるでしょう。

 

ただ、食洗機に入れる前に、軽く洗ったりすすいでおけば、多少はニオイやコバエが寄ってくるのを防げますよ。

また、ひどい油汚れはなるべく、キッチンペーパーなどで拭きとってから洗うようにすると良いでしょう。

 

洗ってない食器を使うと食中毒を起こす可能性はある?

汚れた食器をそのままにしておくと、心配なのが食中毒ですね。

特に、小さいお子さんがいる家庭では、かなり気になるんじゃないでしょうか?

 

確かに、食洗機の回し忘れで食中毒を起こす可能性は大いにあります。

というのも食洗機の中って、高温多湿だし、汚れたままの食器を放置することで、菌にとっては絶好の繁殖環境なんです。

すると当然、食べカスなどが付着した食器には、雑菌がドンドン繁殖していってしまいますね。

 

考えただけでもゾクッとします…!

回し忘れって、思ってた以上に危険。

特に梅雨の時期や真夏などは大変なことになってしまうでしょう。

最悪、使えなくなってしまう食器も出てくるかも知れないので、なるべく食洗機の回し忘れには要注意!

 

特にお子さんの使う食器はすぐに洗った方が良いでしょう。

 

万が一、食洗機を回し忘れてしまったら、食器は熱湯に浸けたり、漂白剤などを使って除菌していきましょう。

 

まとめ

食洗機の洗い忘れを防ぐには、タイマーをセットしておくのがベスト。

4時間後に洗浄スタートするタイマーなどがあるので、それを使っていくと良いですよ。

また、食洗機を回したかどうか分からなくなることが多いなら、手前にコップを一つ、上向きにして入れておきましょう。

コップに水が入っているか否かで判断できますよ。

 

洗い忘れた食器は雑菌が繁殖しやすく、食中毒の原因になることもあるので、なるべく食洗機の回し忘れがないようにして、しっかり洗浄しておきましょう。

コメント