松ぼっくりは100均で買える?クリスマスリースの作り方もご紹介!

Uncategorized

松ぼっくりは、ハロウィンやクリスマスの飾りを作るのに、必要なパーツの1つです。

でも、自然の松ぼっくりをいくつも拾ってくることは難しいですよね。

ところが、松ぼっくりは、100均で買うことができるということを知っていますか?

ここでは、100均の松ぼっくり、そして、松ぼっくりで作るクリスマス飾りのことについてお話します。

  

松ぼっくりはセリアやダイソーに売ってる?

松ぼっくりは、100均で買うことができるので、外に拾いに行く必要はありません。

松ぼっくりを扱っている100均は、セリアやダイソーなど、全国にある大手の100均です。

なので、近くにある100均を探してみれば、松ぼっくりが手に入りますよ!

 

ちなみに、100均で売っている松ぼっくりは、「1個100円」ではなく、セット販売の形になっています。

ダイソーの場合は1袋10個入っており、セリアの場合は1袋4個入っています。

ダイソーの方が数がたくさん入っていますが、セリアの方は、ダイソーのものよりも若干大きめのものが入っているようです。

  

松ぼっくりリース・100均グッズで作るには

松ぼっくりを使ったリースは、ハロウィンやクリスマスにぴったりですよね^^

では、松ぼっくりリースを100均グッズで作るには、何を揃えたら良いのでしょうか。

 

準備するもの

まずは、100均で、リースの土台と松ぼっくり・飾りたいパーツを購入します。

その他、グルーガンと、細めのワイヤー、ペンチを用意してください。

 

作り方

①松ぼっくり1つ1つにワイヤーを巻き付けていきましょう。

この時、松ぼっくりの傘の間に、ワイヤーをもぐらせるような形で巻くことがポイントです。

そして、これを土台に巻き付けるため、その分の事を計算し、ワイヤーを長めに切っておくこともポイントの1つです。

 

②松ぼっくりを1つずつ、土台に巻き付けて固定していきます。

手で巻き付けるのが大変な場合は、ペンチを使ってワイヤーを固定していくとラクですよ。

松ぼっくりがぐらついてしまうようであれば、グルーガンで固定しましょう。

 

③松ぼっくりを全て土台に固定させた後は、仕上げの飾りつけをします。

松ぼっくり以外のパーツを、グルーガンを使って固定していきましょう。

 

グルーガンの接着剤を乾かす時間を考慮しても、2時間くらいで簡単にできてしまいますよ!

  

松ぼっくりリースの保存方法

さて、作った松ぼっくりリースは、どのようにして保存すれば良いのでしょうか。

 

松ぼっくりリースを長く保存するためには、作った直後のひと手間がポイントです。

リースが完成したら、松ぼっくりに、油性のニスを塗っておきましょう。

塗るタイプではなく、スプレータイプのニスを使っても大丈夫ですよ。

このように松ぼっくりをコーティングしておくことで、長期保存することが可能になります。

 

又、クリスマスシーズンが終わったら、通気性の良い袋に、ふんわりと入れておきましょう。

松ぼっくりはデリケートなので、ふんわりと入れることが大切ですよ。

 

我が家では以前、少し雑に片付けていたらバッキバキに割れていましたので、やさしく扱ってくださいね( ;∀;)

 

まとめ

クリスマス飾りに使う松ぼっくりは、ダイソーやセリアなど、有名な100均で買うことができます。

ただ、お店によって、大きさや個数が違うので、チェックしてみてくださいね。

松ぼっくりで作るリースも、100均の材料で、誰でも簡単に作ることができますよ。

リースを作ったら、松ぼっくりをニスでコーティングすると、長持ちするようになります。

又、クリスマスが終わったら、リースを通気性の良い袋にふわっと入れて保管しましょう。

コメント