親の誕生日に現金を渡すならいくら?相場の金額は○○円!



Uncategorized

親の誕生日に何をあげて良いかわからず、「できれば現金を渡したい」と考える人も少なくありません。

では、親の誕生日に、プレゼントではなく現金を渡すという形はありなのでしょうか。

又、もし誕生日祝いとして現金を渡す場合、どのような形で渡せば良いのでしょうか。

ここでは、親の誕生日祝いをどうしたら良いかについて考えていきたいと思います。

 

 

親の誕生日にお金を渡すのはあり?相場はいくら?

親の誕生日にお金を渡してもOK

親の誕生日に何をあげたら良いかわからない場合は、現金を渡す人も多いようです。

実際に、親自身も、「使わない物をもらうなら、現金の方が助かる」と考えている人も少なくありません。

確かに、必要ではない物を贈ったとしても、邪魔になってしまうのであれば、有り難味がありませんよね。

だとすれば、毎日の生活に欠かせない現金の方が、喜んでくれる場合もあります。

私は親に現金を渡したことがありますが、「いいのに」と言いながらも受け取ってくれて、ずっと神棚に供えられていました(嬉しかったのかな?)

 

ですので、親の誕生日祝いに現金を渡すことは、全く問題ないと言えるでしょう。

(もちろん、これは一般的な考え方なので、自分の親は「現金なんて冷たい感じがする!」と言い出しかねないと思うならば、やめてほいたほうがいいです。)

 

そして、うちの親のように使われずにとってある…という状況にもなりかねないので、「ちゃんとすぐ使ってほしい」と思うならば、旅行券などのほうがいいかもしれませんね^^

 

親の誕生日に現金を渡す場合、相場金額はどのくらい?

誕生日祝いとして渡すのであれば、1~2万円くらいが相場だと考えて良いと思います。

プレゼントを買うのであれば、5000~1万円くらいが相場になるようです。

でも、現金を渡す場合は、それよりももう少し多めにした方が良いと思います。

 

 

誕生日プレゼントに現金にする場合の渡し方

さて、親の誕生日に現金を渡す場合は、いくつか気をつけたいことがあります。

 

まず、現金は、きれいな袋を買い、その中に入れて渡すようにしてください。

誕生日はお祝いですから、「その辺にある白い封筒」ではちょっと味気ないですよね。

数百円出せば買うことができるので、お祝いにピッタリなデザインの袋に入れてくださいね。

 

次に、「あげるお金は汚いものを使わず、必ず新札に変える」ということです。

いくら親であっても、贈り物としてあげるお金は、きれいな新札にすることがマナーです。

少し面倒に感じるかもしれませんが、銀行でお金を新札に変え、それを贈るようにしましょう。

 

次に、「現金を渡す時は、手紙などでひと言メッセージを添える」ということです。

メッセージなしで現金をそのまま渡すというのは、ちょっと温かみが感じられません。

せっかくの誕生日ですから、短い文章でよいので、お祝いや日頃の感謝のメッセージを添えましょう。

現金だけをそのまま渡してしまうと、「仕方なく渡している」という雰囲気になってしまいますよ!

 

 

番外編:親の誕生日に何もしない派?祝う派?

さて、親の誕生日に関しては、祝う派の人と、何もしない派の人がいますよね。

これを書いている私自身は、親の誕生日を「祝う派」のタイプです。

 

親自身は、「年を取ると、誕生日が嬉しくなくなる」などと言ったりしています。

確かに、年齢を毎年重ねていくことは、ちょっと気分が良くないのかもしれませんね。

でも、誕生日は、「年を取ること」ではなく、「祝うこと」の方が大切のような気がするのです。

明るくお祝いをされて、嫌な気分になる人はほとんどいないのではないかと思います。

気が進まない誕生日であっても、お祝いされれば、誕生日に対する気持ちが変わりますよね。

 

なので私は、親の誕生日を毎年お祝いして、その日はいい気分になってもらいたいと思っているのです。

 

 

まとめ

親の誕生日プレゼントに現金を渡すことは、全く問題ではありません。

人によってはむしろ、品物のプレゼントよりも、現金の方が喜ぶこともあります。

ちなみに、誕生日プレゼントとして渡す現金は、1~2万円くらいがちょうど良いでしょう。

現金は新札に変えて、きれいな袋に入れ、メッセージを添えて渡してくださいね。

コメント