だしパックをそのまま味噌汁に投入はアリ? だしパックの中身を美味しく食べる方法をご紹介

だしパックは、誰でも手軽に使えるだしということで、人気を集めています。

又、パック入りではありますが、だしパックは色々な形で使えることも魅力です。

例えば、パックを破って中身を取り出す…といったような使い方ですね。

ここでは、だしパックを破って使う使い方と、その注意点をまとめました。

 

 

だしパックを破って使うことはできるの?

だしパックは、必ずしもパックに入ったまま使わなければならないわけではありません。

だしパックは、パックを破って、中身だけを取り出して使っても大丈夫です。

実際に、そのような使い方をしている人もたくさんいて、それぞれ自分なりの使いこなし方をしているようですよ。

 

だしパックに入っているだしの量は、「1回の調理に使う、一般的な量」になります。

でも、調理や具材によっては、だしの量を増やしたい・減らしたいという場合もありますよね。

そのような場合は、だしパックを破って中身をばらし、好みの量に調整すればOKです。

 

ちなみに、だしパックを破って、だしの量を調整したら、それをお茶パックに入れて使うと便利ですよ。

100均に売っているもので大丈夫なので、自分でだしパックを作ってしまいましょう。

 

 

だしパックの中身を食べる方法~どうやって中身を活用する?~

最近は、だしパックの中身を取り出して、ふりかけとして食べるという人もいるようです。

結論から言ってしまうと、だしパックの中のだしを食べることは、問題ではありません。

だしに使われている食品は皆、体に良い物ばかりなので、ふりかけにすれば、栄養をたっぷり取ることができますね。

 

又、ふりかけとしてご飯にかけるだけでなく、おにぎりの具材にすることもオススメです。

おにぎりの表面に付けても、おにぎりの中に入れても、どちらでもOKです。

更に、お茶漬け海苔として、だしパックの中身を使っても美味しいですよ。

お茶漬けは、味が濃いものよりも、だしがしっかり効いているもののほうが美味しいですよね。

だしパックの中身をお茶漬け海苔にすると、ホッとした風味を味わうことができますよ。

 

但し、だしパックの中身を食べる時は、自分の好みの形で良いので、少しだけ味付けをしましょう。

だしパックの中身には味が付いていないので、そのまま食べても美味しくありません…。

ちなみに、しょうゆとみりんを少しずつ入れて味付けすると、とても美味しいですよ。

  

だしパックの中身をそのまま食べないほうがいい場合はある?

さて、だしパックの中身を食べる場合、気をつけなければならないこともあります。

それは、「新しいだしパックではなく、煮出した後のだしパックの中身だけを食べる」ということです。

 

だしパックの中身は、そのまま食べられるものもありますが、加熱しなければ食べられないものもあります。

確かに、だしパックの中身には、加熱しなくても食べられるものもあります。

でも、「だしとして使うこと」を前提にしているので、味は付いていません。

それに加えて、「固くて食べにくい」というものがかなり多いと思います。

そのような不快感を感じて食べても、美味しく食べられませんよね。

なので、基本的には、「煮出した後のだしパックの中身」だけを食べるようにしてください。

 

ちなみに、先ほど、「だしパックの中身をふりかけとして使うと美味しい」とお話しました。

市販のふりかけは、予め加熱処理されているので、そのまま食べても大丈夫です。

でも、煮出す前のだしパックは、加熱処理されていないので、やはりそのまま食べては良くありません。

なのでやはり、だしパックの中身を食べる時は、必ず煮出した後のものを食べてくださいね。

煮出した後のものを乾燥させれば、歯ごたえの良い食感になりますよ。

 

 

まとめ

だしの量を自分で調整したい時は、だしパックを破って使っても大丈夫ですよ。

又、だしパックの中身は食品なので、それを食べても問題はありません。

でも、新しいだしパックではなく、煮出した後のだしパックの中身を食べてくださいね。

ちなみに、だしパックの中身は、ふりかけやお茶漬け海苔・おにぎりの具材にすると美味しいですよ。

コメント