義母をおもてなしするときの料理は何にする?母の日にもおすすめの献立ご紹介♪



イベント・年中行事

母の日に義母を食事に招待するなら、献立は何が良いか迷ってしまいますよね。

結婚して日が浅いならなおさら!

料理上手なお嫁さんって思ってもらえるような、そんなおもてなしをしたいものです( *´艸`)

 

私も何度か母の日に義母を食事に招いたことがありますが、初めて呼ぶときはめちゃくちゃ準備を頑張りすぎて疲れ果てました…。

それでも、何度かおもてなししていると、コツのようなものがわかってくるものです。

(産後はすべてのイベントをスルーしてますが…)

私の経験から、義母に喜ばれる献立と、母の日にぴったりなテーブルコーディネートを紹介しますね。

 

母の日に義両親をおもてなし!おすすめの献立は


母の日なら、やっぱりちょっと華やかで豪華にすると良いので、ちらし寿司なんてどうでしょうか?それに合わせてハマグリのお吸い物と茶碗蒸し、煮物を作ると良いですよ。

ちらし寿司に関してこの記事が参考になります>>>ちらし寿司は何時間前に作るのが一番美味しい?前日に作るのは?

 

もしくは手巻き寿司にしてしまえば、準備もかなり楽ですよ。

義母があまり脂っこいものや肉類を好まない人なら、和食中心の献立がおすすめです。

 

洋食も好きな義母なら、グラタンやラザニア、カルパッチョ、ラタトゥイユ、ローストビーフなど、パーティー向けの料理を作るのもアリ。

メインとなる料理を決めたら、あとはサラダやスープなどの汁物を作れば十分でしょう。

また、簡単だけれど喜んでもらえそうなのは、シンプルに、母の日の定番料理であるカレーライスを作る事です。

サラダやらっきょう、福神漬けも忘れずに用意しておくと良いですよ。

でもやっぱり、おもてなしをするのなら、好物を作りたいですね。さり気なく、義母の好きな食べ物をリサーチしておきましょう。

 

全部手作りは大変だという方は、いくつかお惣菜を購入してもいいと思います。

私もそうしたことがありますが、手作りが一緒に並んでいると手抜きな感じはしませんよ。むしろ華やかになりましたし、味もおいしかったです…(笑)

 

そして、せっかくだから食後のデザートも用意しておくのがベスト。

ケーキかフルーツなどを用意しておくのがおすすめです!

和菓子が好きなら、ようかんやカステラもいいですね^^

 

母の日のテーブルコーディネートはこだわりたい

母の日といえば絶対に外せないのがカーネーションです。

そこで、オシャレなテーブルコーディネートをしたいなら、食卓にはカーネーションを飾ってみてはどうでしょうか?

 

真っ白なテーブルクロスを敷いて、食器類も白系で統一すれば、料理や花がより一層映えます。

飾るカーネーションは生花よりも、プリザーブドフラワーのアレンジメントが良いかも知れませんね。

プリザーブドフラワーの方が長持ちするので、義母にそのままお土産として贈ることも出来ます。

本格的にテーブルコーディネートをしてみたいのでしたら、本を参考にしてみてもいいかもしれませんね。


ゲストの笑顔が見たいから 花空間プロデューサー内田屋薫子のテーブルコーディネート

これで素敵な食卓で義母のおもてなしが出来ますよ!

 

まとめ

母の日に義母を食事に招待するなら、ちらし寿司か手巻き寿司、煮物、汁物の献立がおすすめ。

カレーライスなど、母の日の定番料理でおもてなしするのも良いですよ。

 

でも一番良いのはやっぱり、義母の好みを把握しておくことですね!

自分の好きな食べ物が出されたら、喜ばない人はいないでしょうから。

 

ケーキなどデザートも用意して、カーネーションも飾ったりして、デキるお嫁さんだと思われるようにしていきましょう!

コメント