サイクロン掃除機の手入れが面倒すぎ!ホコリはこうやれば舞いにくいよ!

Uncategorized

サイクロン掃除機って、手入れが大変だし、中のゴミを捨てる時にホコリが舞ってしまいがちですね。

ハウスダストのアレルギー持ちの人は、特にゴミ捨てするのが嫌になりますよね。

私も、ものすっごくゴミ捨てのときのほこりが嫌いで、いつもゴミぱんぱんになるまで放置してました…( ;∀;)そんで、吸引力が落ちるし、掃除機かける回数も減るっていうね…。最初は買ったことを後悔したものでした。

 

でもそれじゃだめだだめだ~!

 

ということで今回は、サイクロン掃除機を使っているけれど、ホコリが舞うのが気になる!掃除機かける気がしなくなる!というあなたに、上手なゴミの捨て方を紹介します。

これで心置きなくサイクロン掃除機を使えるようになりますね!

 

サイクロン掃除機のゴミ捨てが面倒な理由

紙パックのタイプとは違い、サイクロン掃除機はダストカップに吸ったゴミが溜まるので、本体からダストカップを取り外し、蓋を開けてゴミ箱に捨てることになります。

でも、溜まったゴミを捨てる時って、結構ホコリが宙に舞うんですよね。

我が家でもサイクロン掃除機を使っているので、よく分かります…。

しかも、掃除機内にあるフィルターを付属のハケで掃除しておかないと、吸引力が下がってしまうので、なにかとお手入れが面倒。

またこのフィルターを掃除する時も、ホコリが舞ってしまいやすいので困るんですよね。

 

イヤイヤ、手早く、息とめて薄目でやってました。

 

もしこれが紙パック掃除機なら、吸ったゴミは全てパック内に溜まりますもんね。だからゴミ捨てもパックを捨てれば良いだけで簡単。

サイクロン掃除機は吸引力も強く排気がキレイなので、紙パック掃除機よりも性能が良いけれど、お手入れが面倒というのがネックなんです。

だから、お手入れやゴミの捨て方さえどうにか面倒でなくなれば、万事解決しますよ!

 

サイクロン掃除機のゴミ捨てでホコリが舞わないようにするには

サイクロン掃除機に溜まったゴミを捨てる時は、ゴミ箱ではなく、ビニール袋を使うようにしましょう。

 

①ダストカップがすっぽり入りそうなビニール袋を用意。

②そしてビニール袋の中に掃除機本体から取り外したダストカップを入れて、ゴミ捨てボタンを押す。

③ダストカップを袋から取り出したら、ビニール袋の口をギュッと閉めて、そのまま捨てればゴミ捨て終了。

 

これで、周りにホコリが舞うことを最小限に抑えて、ゴミを捨てられます!

フィルターもゴミ袋の中で掃除すればOKです。

そして吸引力を維持させるために、フィルターやダストカップのお手入れをする時は、水洗いしてしまうのがおすすめなんです。

水洗いすれば、ホコリは舞わないし、フィルターに詰まったゴミも比較的落ちやすいので、案外手間ではないんですよね。

フィルターやダストカップは、水洗いしたら陰干ししてよく乾かしておきましょう。

 

ただし掃除機の機種によっては水洗いできないものもあるので、まずは取扱説明書を読んでおきましょう。

ちなみに、水洗いは2~3ヶ月に1度すればOKですよ!

 

まとめ

サイクロン掃除機はフィルターと、吸ったゴミが溜まるダストカップを掃除しないといけないので、お手入れが手間だし、ホコリも舞いやすいんです。

 

そのため、掃除機を使い終わったら、ダストカップを大きめのビニール袋に入れて、その中でゴミを捨てます。

そうすればゴミが宙を舞わないので安心ですね。

 

フィルターやダストカップの内側のお手入れは、2~3ヶ月に1度、水ですすいでしまえば、詰まりも簡単に掃除できるし、ホコリが舞う心配もありません。

 

以上の手入れ方法がおすすめなので、掃除のあとはぜひ実践してみてくださいね!

コメント