ヒールをデートで履きたいけど痛い! 【痛くなる部分別に対処法まとめ】  



健康

女性なら、たまにはデートでヒールを履いて、オシャレに決めたいですよね!

でも、ヒールは足への負担が大きく、脚のあちこちが痛くなるのが玉にキズです…。

そこで、ヒールで足が痛くなった時の対処法を紹介します。

足のどこが痛くなるかによって対処法が違うので、足のパーツ別にまとめました!

  

ヒールで指の付け根や指先が痛い時の対処法

ヒールで足の指の付け根が痛い

この場合、足の「横アーチ」と呼ばれる部分が歪んでいると考えられます。

ヒールを履くと、この横アーチの部分に過剰な負担がかかって痛みが出てしまうのです。

この状態が続くと、痛みの他に、しびれの症状まで出てしまいます。

これを改善するためには、まず、4~5cmくらいの低めのヒールに変えましょう。

これだけでも、足への負担や痛みは大分和らぎます。

それと同時に、足の横アーチをサポートするインソールを使うこともオススメです。

 

ヒールで足の指先が痛いという場合

足の指先に痛みが出る場合、外反母趾になっている可能性が高いと言えます。

本来は、立ったり歩いたりする時、足の裏全体にバランスよく負荷がかからなければなりません。

その不可が、足の指ばかりに集中することで外反母趾が起こり、指先が痛むのです。

この場合は、足の指を閉じたり開いたりするストレッチで、固まった足の指をほぐしましょう。

それと同時に、足裏専用のテープで、足の指から横アーチにかけてのエリアをテーピングします。

テーピングは数日間ではなく、痛みが治まるまでしばらく続けてください。

  

ヒールで足の裏が痛い時はマッサージ?

では、ヒールで足の裏全体が痛い時は、どうしたら良いのでしょうか。

「ひたすらマッサージする」という意見もありますが、どうなのでしょうか。

 

マッサージをする場合は、痛みが出る部分を刺激しない程度の強さで行いましょう。

まず、足の横アーチ・足の裏の真ん中・かかと部分を順番にさすっていきます。

次に、それらの部分を優しく左右にひねるようにマッサージしてみてください。

そうすることで、固まってしまった筋肉がほぐれていきますよ。

 

又、ヒールを頻繁に履く人は、1~2か月に1回、足裏専用のマッサージサロンに行くこともオススメです。

ドイツ生まれの「ポトロジー」という足専用の施術があるので、探してみてください。

足裏の筋肉の硬直や、足に溜まった老廃物を一気に解消することができますよ!

もちろん、東洋医学が発祥の足ツボも施術もオススメです。

  

ヒールで足首やふくらはぎが痛い時の対処法

ヒールで足首やふくらはぎが痛くなった場合、むくみが起きていると考えられます。

ヒールによって、足への負荷のバランスが崩れ、血流が悪くなっているのですね。

この場合は、ストレッチとマッサージで血流を促すことをオススメします。

 

まず、両脚を投げ出し、リラックスして座りましょう。

その状態で、足の裏を天井に向けたり、床に向けたりして上下させます。

その後、両足首をゆっくりと回していきましょう。

これによって、ふくらはぎから足首にかけての「詰まり」が解消される効果が期待できます。

 

それが終わったら、足先からヒザに向かって、脚を優しくなでるようにマッサージします。

これによって、下方に溜まっていた血液が、再び流れ出すと言われています。

 

ストレッチとマッサージが終わったら、できるだけ脚全体を暖かくして過ごしましょう。

脚を冷やすと、むくみやすくなってしまいますよ!

  

まとめ

本来ヒールは、足のあちこちに大きな負担がかかってしまうものです。

なので、ヒールを履いて出掛けた日は、必ずその日のうちに足のケアをしましょう。

ケアをせずに放っておくと、痛みやむくみなどがどんどんひどくなります。

最悪の場合、足の形が歪んでしまうこともあるので、油断大敵ですよ!

足のケアを欠かさず行いながら、快適にヒールを楽しみたいですね。

又、痛みやむくみがひどい日は、無理に高いヒールを履かないようにしましょう。

 

コメント