ゲッ!料理に砂糖入れ過ぎた!どう対処するのが正解!?



家事

「うっかり料理に砂糖を入れ過ぎてしまった」

これはよくある失敗ですよね。

でも、その料理を捨ててしまうのは、何だかもったいない気がします。

実は、ちょっとしたアイデアを駆使するだけで、料理をリメイクすることができるのです!

ここでは、料理に砂糖を入れ過ぎてしまった時の対処法を紹介します。

  

肉じゃがに砂糖入れすぎた…どうしよう

砂糖の入れ過ぎで失敗しやすい料理の1つが、肉じゃがです。

この場合は、まず唐辛子・タバスコなどの辛みを少し加えてみてください。

全体的な味のバランスは少し崩れてしまいますが、甘みが大分抑えられてきますよ。

但し、一気にではなく、少しずつ加えていき、そのつど味見をして微調整してくださいね。

 

もう1つオススメの方法は、「つゆだけを捨ててしまう」という方法です。

そして、具材だけを、味のついていないだし汁で煮直します。

味付けをする際は、砂糖を除いた調味料で味付けしてください。

この時点では、具材にもう砂糖の甘みがしみ込んでいると考えられます。

そのため、もう1度砂糖を加えるのはNGなのです!

又、日本酒・みりんを入れる時は、量を控え目にしてください。

この2つの調味料には甘みがあるので、砂糖を入れ過ぎた時には、後から加え過ぎないようにしましょう。

  

味付けに失敗したら洗うのってアリ?

さて、煮物の味付けに失敗した時、思わず洗ってしまいたくなることはありませんか?

では、味付けを失敗した煮物を洗うことは、アリなのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、洗ってしまっても、特別問題はないようです。

でも、勢いのある流し水で洗ったり、長々といつまでも洗ったりするのはNGですよ!

まずは、少ない水でさっと洗って、ざるに上げておきましょう。

そして、キッチンペーパーなどで水分を拭き取り、味見をしてみてください。

既に煮物に味がしっかりしみ込んでいたら、煮物として食べるのは諦めましょう。

小さめに刻んで、ご飯に乗せて食べるための総菜として使ってください。

一方、まだ味がそこまでしみ込んでいなければ、味付けをし直してみてください。

  

甘すぎる煮物のリメイク

では次に、甘すぎる煮物を作ってしまった時の、リメイクレシピを紹介します。

 

煮物を具材として使った炊き込みご飯

煮物の具材はつゆから上げ、細かく刻んでおきます。

煮物をつゆごと炊飯器に入れ、御飯と一緒に炊き上げます。

作り方は簡単ですが、煮物のつゆがご飯をおいしくしてくれるのでオススメです。

 

コロッケ

イモ類が入っている煮物なら、それをコロッケにしてしまうのもオススメです。

 

①煮物の具材からイモ類だけ取り出し、つぶしてしまいます。

②他の具材を細かく切り、①でつぶしたものと混ぜ合わせます。

③②に小麦粉をまぶしてから、溶き卵・パン粉を付けます。

④③を、中火以上の火力で1分ちょっと揚げて出来上がりです。

 

ジャガイモ・里芋の他、カボチャが使われている煮物なら、このコロッケを作れますよ!

  

まとめ

煮物に砂糖を入れ過ぎた場合、早まって捨ててしまわずに、リメイクを考えましょう。

又、別の調味料で調整する・具材を洗って味付けをし直すなどの方法もオススメですよ!

更に、煮物として食べずに、別のメニューに作り直してもおいしくいただけます。

いろいろ工夫を凝らして、せっかく作った煮物を無駄にしないようにしたいですね。

コメント