【ドロドロカレーレシピ】ツウなあなたに食べてほしい!!

Uncategorized

最近はサラサラのカレーやスープカレーなども人気だけれど、やっぱりカレーと言ったらドロドロッとしたルーが良いですよね!

でも、ルーをドロドロにするのって、何かコツとかあるんでしょうか?

今回はドロドロカレーが好きな人のために、とろみのあるカレールーがどうしたら作れるのか、またカレーがドロッとしない時の対処法も紹介します。

 

どろっとしたカレーの作り方

ドロドロカレーを作るには、カレー粉やスパイスから作るのではなく、必ず市販の固形ルーを使うこと。

そんな簡単なことでいいの?と思われるかも知れませんが、これが大事なんです。

カレーにとろみがつくのは、固形のルーに含まれる小麦粉などによるもの。

スパイスやカレー粉から作ろうとすると、小麦粉が入っていないため、サラサラになってしまいやすくなるんですね。

 

そのため、お手軽な市販のルーでカレーを作りましょう。

 

基本的に、ルーの箱裏に書いてあるレシピ通りに作れば、トロッとしたとろみのあるカレーが出来上がりますよ!

 

また、ルーを入れた後も、カレーをしっかり煮込むことで、とろみがより付きやすくなります。

ただしカレーはルーを入れると焦げやすくなってしまうので、しっかりおたまなどでかき混ぜながら煮込んでくださいね。

このひと手間をかけるだけでも、いつもと違った美味しさのカレーが出来ますよ!

 

カレーがドロドロにならないのはなぜ?

カレーにとろみがつかない原因をまとめてみました。

・水の入れ過ぎ

切った具材を炒めた後、水を入れて煮込みますよね。

この時に水の分量が多すぎると、ルーの量が足りずに、サラサラしたカレーになってしまうんですよ。

なるべく箱裏のレシピを参考にして、分量も適当に入れないようにしましょう。

我が家もよく水の入れ過ぎでサラサラカレーになってしまっていたんですが、水をなるたけ入れ過ぎないようにしたら、とろみがしっかり付いたカレーになりました。

 

・ルーを入れる時に火がついたまま

何気にルーを入れるタイミングって大事なんです。

ルーを入れて溶かす時は、火を必ず止めておきましょう。

そうしないと、ルーが上手く溶けてくれずにとろみがちゃんとつかないんですよ。

 

・水分の多い食材を使っている

トマト、新玉ねぎ、冷凍のシーフードなどは水分が多いので、水をきちんとレシピ通りに入れても、カレーが薄くなることがあるんですよね。

そこで、ルーを入れてもカレーがサラサラのままなのでしたら、以下の方法を試してみてください。

 

・水に溶いた小麦粉を混ぜる

サラサラカレーは、水に溶いた小麦粉を少量ずつ加えて、かき混ぜながら煮込んで様子を見ましょう。

だいたいカレー10皿分なら、小麦粉大さじ2を同量の水に溶いたものを入れて混ぜるのがベスト。

煮込めばトロッとしてきますよ。

 

・ハチミツを加える

甘みやコクが出るだけでなく、とろみもつけられるんですよ!

子供が食べるカレーなどには特におすすめですね!

 

ドロドロのカレーをサラサラにする方法

ドロドロカレー好きもいれば、サラサラカレー好きの人もいます。

もし家族にサラサラカレー好きの人がいるのでしたら、ドロドロカレーを別の鍋に分けておいて、サラッとさせていきましょう。

別の鍋に分けたカレールーにトマトピューレを入れたり、甘くない野菜ジュースを足してみて煮込んでいってください。

もしそれでも風味が薄くなってしまったら、カレー粉やガラムマサラなどのスパイスを足すと、風味がハッキリと出て美味しいサラサラカレーになりますよ!

 

家族内でカレーのとろみ具合の好みが別れると面倒ですが、ドロドロカレーをサラサラにするには水分を足せば良いので、ぜひ試してみてください。

 

まとめ

ドロドロカレーを作るには、とろみの素である小麦粉が含まれている市販の固形のルーを使うこと。

また、水を入れ過ぎないようにして、分量には注意しましょう。

ルーを溶かす時は必ず火を止めること。

もしとろみがつかない時は、水溶き小麦粉を入れたり、ハチミツを加えるのがおすすめ。

 

そして、ドロドロカレーは、甘くない野菜ジュースやトマトピューレを加えて、スパイスやカレー粉で味を調えるとサラサラカレーにも変えられますよ!

家族からサラサラカレーが良いと言われたら、水分を足してから風味を付けていきましょう。

コメント