【STOP!】ガソリンスタンドでのオイル交換やバッテリー交換には気をつけて!



おでかけ

車に乗る人なら必ず行かねばならないガソリンスタンド。

気のいいお兄さんが、無料点検をすすめてくることがよくあります。

で、断るのもなんだし、ってことでお願いしちゃう。

 

でも、ちょっと待って!

 

この無料点検によるトラブルは少なくないのです。

 

無料点検の落とし穴

無料で点検してくれるのは善意からではありません。

そこから派生するエンジンオイル交換、バッテリー交換…

これはセールス目的でもあるのです。

 

もちろん良心的なお店もありますし、

ガソリンスタンドでなくても怪しい店だってあるでしょう。

 

しかし、実際に、無料点検でのトラブルは年々増加しているのです。

 

特に、帰省の時期、高速道路のガソリンスタンド

無料点検をしてもらい、言われるがままにタイヤやバッテリーを交換して、

最終的に高額請求されてしまった・・・

 

そんなことが起こっているのです。

 

どういう人が詐欺に合いやすい?

普段車にあまり乗っていない人、

自分で簡単な点検ができない人、

自分の所有している車ではない場合(家族のものに乗っている場合)

 

などですね。

 

家族に借りてたまに乗る程度であれば、

いつ点検したかなんてわからないですもんね。

 

そこで不安を煽られると、高いなと思いつつも

「お、お願いします><」と言ってしまうのです。

対策として

きちんと自己管理をする

ちょっとした点検を普段から自分でできるようになることも大切です。

 

あとは、何かの折に点検に出すこともありますよね。

その時に、整備士さんが今回何を交換したのか、

どれがどういう状態なのか(次はいつ頃交換したほうがいいですよ、など)

ということを説明してくれると思います。

それを把握し、覚えておく必要があります。

 

そうすれば、相手が過剰なセールストークをしてきても、

「この前交換したので大丈夫です」などと返すことができますよね。

 

いきつけの整備工場をもつ

我が家もいきつけの整備工場があります。

私はよく覚えていないことがあると、

「この前~って替えてもらいましたよね?」と確認することがあります。

すると、すぐに教えてくれますよ。

これは安心ですよね。

 

無料点検自体を断る

最初から「ちょっと急いでいるので!」と断れば、

無理に点検されることはありません。

それでもぐいぐい勧めてくるなんてことがあれば、

それはもう…怪しいですよね。

「結構です!」と強い心で断りましょう。

 

まとめ

命に直結することになると、人間って弱いものです。

家族を乗せて高速にのっていたりすると、

もしものことがあったら!と不安になりますものね。

 

そんな弱い部分をつかれて、不要なお金を使ってしまわないように、

普段から車に乗る者としての意識を高めておきましょう。

コメント