古都・鎌倉の桜といえば鶴岡八幡宮。日本の歴史とお花見を楽しもう!



おでかけ

小町通りや歴史名所のイメージが強い鎌倉は、お花見スポットとしても大人気です。

特に、鎌倉にある鶴岡八幡宮は、昔から桜の名所として親しまれてきました。

日本の歴史を感じられる古都・鎌倉で、しっとりとお花見を楽しむのもいいですね。

そこで、鎌倉・鶴岡八幡宮の、お花見スポットとしての魅力を紹介します。

 

源氏ゆかりの歴史名所・鶴岡八幡宮へ行こう!アクセスや駐車場は?

鶴岡八幡宮は、平安時代に、源氏の氏神様を祀ったことが始まりでできた神社です。

その後は、鎌倉幕府と鎌倉の町を守る神社として、大切にされてきました。

なので、今から1000年近く前にできた、歴史ある場所なのですね!

 

鶴岡八幡宮は、江ノ島電鉄・JR横須賀線の鎌倉駅の東口から徒歩10分程度です。

近くには駐車場もあるので、ドライブがてら、車で来ても大丈夫です。

但し、土日・祝日は、道や駐車場が混雑するので、気をつけてくださいね。

拝観料は無料なので、自由に中に入って、心ゆくまでのんびりできますよ。

 

境内では、屋外のスペースで神前結婚式が行われていることもあります。

運が良ければ、日本伝統の本格的な神前結婚式を見ることができますよ。

 

もちろん、お花見目的で鶴岡八幡宮に来ている人もたくさんいます。

鶴岡八幡宮の花見、持ち込み・宴会はできる?

境内では宴会が禁止されているので、お酒やお弁当を持ち込むことができません。

又、レジャーシートを敷いて場所取りをすることも禁止されています。

なので、「お散歩しながらのお花見」という形になります。 

 

鶴岡八幡宮の桜の魅力!オススメのスポットはどこ?

鶴岡八幡宮には、特にオススメの桜スポットが2つあります。

1つは、境内にある「源平池」と呼ばれる池の周りです。

源平池の周りには、ソメイヨシノがびっしりと植えられています。

これが満開になると、池が、桜のピンク色でベールのように囲まれていきます。

この光景がとてもファンタジックなので、特に女性の心をくすぐるようですよ。

少し桜が散り始める時期になると、ピンクの花びらが池の中にたくさん落ちていきます。

そして、池がほんのりピンク色に染まり、これもうっとりするような光景です。

お花見シーズンになると、源平池の周りは、写真を撮る人たちで賑わいます。

でも、写真に夢中になって、池に落ちないように気をつけてくださいね。

 

もう1つは、「段葛」と呼ばれる、鶴岡八幡宮に行くまでの参道です。

段葛には、両脇に桜の木がびっしりと植えられ、お花見シーズンにはこれらが満開になります。

まるで、大きな桜の門をくぐり抜けていくような、ファンタジックな気分を味わえますよ!

この段葛は、源頼朝が、妻・北条雅子の安産祈願のために作ったと言われています。

とても縁起の良い参道なので、良い「気」をチャージできるかもしれませんね。 

 

まとめ

鶴岡八幡宮は、平安時代に作られ、お花見スポットとしても長く愛され続けてきました。

観光スポット・鎌倉に遊びに行きがてら、鶴岡八幡宮の桜を堪能するのも素敵ですよね。

特にオススメのエリアは、源平池の周りと、参道である「段葛」です。

この2つのエリアの桜は本当に見事で、毎年多くのお客さんで賑わっています。

ぜひカメラを持って、美しい桜を見に行ってみてください。

但し、宴会が禁止されているので、「歩きながらの桜鑑賞」となります。

コメント