夏の黒い服にご用心!暑苦しい・日焼け…色々心配っ( ;∀;)



美容・ダイエット

黒い服はクールでオシャレな印象に見えますが、夏に着ると暑苦しくなります。

暑苦しい印象になることはもちろんのこと、体感温度も上がってしまいます。

でも、「日焼け防止には、黒い服が良い」とも言われていますよね。

ここでは、夏に黒い服を着た時の、体感温度や印象などについてお話します。

  

白い服と黒い服では体感温度はどのくらい違う?

黒い色は、太陽の熱を吸収してしまう性質があると言われています。

しかも、1度吸収した熱を閉じ込めてしまうため、熱がこもりやすくなります。

そのため、夏などの暑い日に黒い服を着ると、体感温度も上がってしまいます。

特に、猛暑の時期に黒い服を着ると、体感温度が人間の体温を軽く超えてしまいます。

この場合、15分弱歩いた程度でも、体感温度が38℃を超えることもあるようです。

これでは、熱中症のリスクがぐんと上がってしまって危険ですよね。

 

一方、白い服を着ている場合は、黒い服よりも体感温度が低くなります。

暑い日に白い服を着ると、黒い服の時よりも、体感温度が2~3℃低いようです。

猛暑の日に体感温度が2~3℃低くなるというのは、かなり大きいですよね。

但し、長時間外に出ていた場合、白い服でも、体感温度がかなり上がります。

この場合、黒い服を着ていた時よりも、体感温度が若干上がることすらあるようです。

白い色は黒と違って、太陽の熱を跳ね返すことができません。

そのため、長時間日光を浴び続けると、その分、熱を体に通してしまうのですね。

  

夏に黒い服を着ると日焼けする?しない?

「日焼け予防のためには、夏に黒い服を着た方が良い」とよく聞きますね。

黒は、他の色に比べて、紫外線を最も通しにくい色なのです。

そのため、日焼けしたくない人は、できる限り黒の服を着ることをオススメします。

黒い服がない場合は、茶色など濃い色の服が良いでしょう。

又、「織り目が詰まっている素材+黒」という組み合わせの服は、日焼け防止としては最強です。

織り目が詰まっている素材は、通気性は良くありませんが、その分、紫外線も通しません。

 

一方、白い服は、紫外線を最も体に通してしまう色です。

そのため、夏に着ると涼しげに見えますが、日焼けしやすいので注意が必要です。

特に、夏に白いトップスを着ると、顔周辺に紫外線を集めてしまいます。

その結果、日焼けがひどくなることがあるので、黒い帽子や日傘でカバーする必要があります。

こ、怖い!私、夏は白い服ばかり着てたんですけど( ;∀;)←しかも帽子なし

 

白い服・黒い服、印象にどんな違いが?

では、白い服と黒い服では、見た目の印象がどのように違うのでしょうか。

 

まず、白い服の場合は、全体的に明るく軽やかなイメージになります。

その一方で、白は膨張職としても知られています。

そのため、白い服を着ると、「太って見えてしまう」という人も少なくありません。

 

黒い服は、全体的にクールでシック、そして少し重い印象を与える色です。

そのため、カッコよく洗練された雰囲気を演出したい場合は、黒い服が最適です。

又、重いイメージがあるので、フォーマルの場、葬儀などの悲しみを伴う場にも使われます。

しかし、白と違い、体のラインを細く見せてくれる色でもあります。

そのため、少しぽっちゃりした人は、黒い服を着ると、引き締まってカッコよく見えます。

  

まとめ

夏に黒い服を着ると、体感温度が上がり、熱がこもってしまうので、熱中症のリスクが上がります。

でも、白い服に比べて、紫外線を通しにくい服でもあります。

そのため、日焼けを防ぎたいという人には、黒い服がオススメです。

又、白い服を着ると、明るく軽やかなイメージを演出することができます。

一方、黒い服を着ると、クールで洗練された雰囲気・重みのある雰囲気を演出することができます。

目的に合わせて、白い服と黒い服を使い分けてみてくださいね。

コメント