インテリアで木の色が違うのは変?統一感のある部屋にするには



住宅

部屋のインテリアって、統一感があった方がおしゃれに見えるんですよね。

でも、木目の家具やフローリングなど、木の色が違うと統一感がなく、ちょっと違和感を覚えてしまうんです。

こんな時は一体どうすれば、統一感のある部屋になるんでしょうか?

 

そこで今回は、インテリアの木の色が違う場合、統一感はどうすれば出せるのか対処法を解説していきます。

 

インテリア・木の色がバラバラ

本棚はダークブラウンだけれど、フローリングやテーブルはナチュラル系の明るい色など、家具や建具の色がバラバラだと、インテリアの統一感がない部屋になってしまいますね。

適当に家具を選んでしまったり、前の家に住んでいた時から使っていた家具を置いた時などに、統一感のない部屋に仕上がってしまうことがあります。

 

統一感がないと、垢抜けて見えないし、何だか違和感や圧迫感が出てしまう場合もあるでしょう。

快適にそしておしゃれな部屋にするためにも、統一感を出していくようにするといいですよ!

 

インテリアに統一感がないときの対処法

いくら現在のインテリアに統一感がないからといって、家具などを買い替えるのも大変だし時間もお金も無駄になりますよね。

そこで、既に持っている家具にカッティングシートを貼ってみて、統一感のある色に変えてしまいましょう!

濃茶木目調カッティングシート 柾杢目調ダークブラウン124cm×30cm 内装パネルシフトゲート、スイッチパネル 家具のリメイクや壁紙ウォールステッカーとしても使用可能 耐熱耐水伸縮裏溝付ラッピングシート

カッティングシートならホームセンターで気軽に買えるし、家具を動かしたり、買い替えたりする必要もなくて済みます。

簡単に家具の色を統一させられるので、模様替えにもぴったりですね。

ぜひカッティングシートを貼って、統一感のある木の色に変えてみましょう。


ドイツ製粘着シート『デコスタイル/d-c-fix(木目/ピーチオーク)』45cm巾×2m/346-0092【カッティングシート リメイクシート 木目シート シール】

 

統一感のある部屋にするには

これから家具を買うのでしたら、なるべく色やテイストを統一しつつ、シンプルにしてみてください。

部屋の中のインテリアや家具のデザインなども、ゴチャゴチャしていると落ち着かなくなってしまうもの。

 

反対に、家具の色やデザインが全部バラバラだと、統一感がなくなってしまいますね。

 

特に凝ったデザインの家具は置く部屋を選びます。

それに、ナチュラルテイストの部屋なのに、エスニック系や北欧系の家具が紛れ込んでいると、すごく変ですよね。

精一杯おしゃれに見せるには、シンプルイズベスト。

これを守るようにしましょう。

もしフローリングが明るい木目調なら、家具もそれに合わせて選ぶと良いですよ。

 

ただし、フローリングが暗い木の色だった場合は、家具まで暗くすると重い雰囲気のある部屋になるので、家具は明るい木の色のものおすすめ。

 

ちなみに我が家のリビングも、フローリングが明るい木目調なので、それに合わせて飾り棚やチェストなどもほぼ同じ色で揃えています。

そのおかげか、若干部屋が広々として見えるんですよね。

 

ちなみに、色の濃い家具は圧迫感が出てしまうので注意しましょう。

壁面収納で壁一面ダークブラウンの家具を置いていたこともありましたが、存在感がありすぎました。

立派なんですけど、部屋が狭く感じられていましたね。

 

まとめ

今使っている家具の色が全部バラバラで、統一感のない部屋になっているのでしたら、家具にカッティングシートを貼り付けて、色を揃えてしまいましょう。

家具を買い替えるよりもお手軽!

そして、おしゃれな部屋にするには、なるべく家具の色やテイスト、デザインなども統一して揃えること。

 

もしフローリングがナチュラルな明るい木目調なら、家具もそれに合わせるとシンプルかつおしゃれになるし、部屋も広々と見えますよ。

やっぱり統一感って大事なんです!

コメント