節約かパートか。皆はどちらを選んでる?

Uncategorized

家計の足しにするため、主婦がパートに出ることは珍しくない時代です。

でも、パートで働くことがストレスになり、「やめたい」という人も増えています。

では、家計をやりくりするためには、パートで働くか、節約するか、どちらが良いのでしょうか。

ここでは、節約とパートに関する、様々な意見を見ていきたいと思います。

 

 

パートより節約派の意見

ではまず、「パートで働くよりも節約する」という人の意見を見てみましょう。

 

節約派の人の多くは、「体力的に、パートに出るのは無理」というものでした。

パートで働きたいという思いはあるものの、主婦は、家の中のやるべき仕事がたくさんあります。

パートで働き、帰ってきてから家事や育児に追われる…これでは体が続きませんね。

 

又、節約派の意見の中には、「働きに出ると、かえって出費も増える」というものもありました。

パートに出る場合、着替えや化粧をしなくてはなりませんし、靴やカバンも必要です。

更に、食事代がかかったり、職場によっては「交通費が自費」というケースもあります。

この出費を差し引くと、手元に残るお金は大した金額ではなくなる場合があります。

「疲れて働いて、これしかお金が残らない」という状態になるなら、節約した方が良いという人も多い印象です。

 

又、「体が弱い」「持病がある」という人は、節約派である場合が多いようです。

この場合、無理をしてパートに出てしまうと、体を壊してしまいますよね。

その結果、病院代が余分にかかるようになり、かえって出費が増えてしまいます。

健康面に事情がある場合は、その後の出費を考え、節約に徹している人が大半のようです。

 

 

節約より稼ぐ派の意見

では次に、「節約するならパートで稼ぐ」という人の意見を見てみましょう。

 

稼ぐ派の人の多くは、外に働きに出ること自体を楽しんでいる人が多いようです。

そのため、「生き生きと働いて、収入が得られるのは一石二鳥」と考えているのですね。

確かに、パートに出れば、それなりのストレスもあり、出費がある場合もあります。

でも、働くことそのものを楽しんでいれば、そのようなことは気にならないのですね。

 

又、稼ぐ派の人の意見では、「節約するだけでは限界がある」というものも目につきました。

節約だけで家計をやりくりするのは、やはり限界があるという意見が少なくありません。

「それなら、わずかでも良いから働いて稼ぐ」という人もたくさんいます。

そして何より、「節約だけでやりくりすると、余裕がなくなってストレスになる」という意見も目立ちました。

 

 

節約か働くかは収入や環境によっても違う

節約派と稼ぐ派の意見を見てみると、どちらの意見も一理あると思います。

ただ、節約するか稼ぐかは、生活状況によって変わってくるのではないでしょうか。

 

例えば、夫の収入がある程度高ければ、働かずに、節約するだけでも良いかもしれません。

又、働きたくても、働くことができない事情を持っているという人もたくさんいます。

例えば、体の事情があったり、小さい子供や介護が必要な人がいる場合は、働くことが難しいですよね。

 

なので、「家計が大変なら働けばいい」と、安易に言うことはできないかもしれません。

きっと、節約するか働くかは、その家庭それぞれの正解があるのではないかと思います。

 

 

まとめ

家計をやりくりするために、節約する人と、パートで働く人とそれぞれの意見があります。

どちらの意見も間違いではなく、皆が工夫しながら家計をやりくりしていることがわかります。

「節約した方が良い」「働いた方が良い」という正解はどこにもありません。

自分の事情を考慮しながら、無理のない形で家計を工夫していきたいものですね。

コメント