小学生の雨の日の送迎は過保護?



子どものこと

雨が降っている日は、ついつい子どもを学校まで車で送ってあげたくなるんですよね。

 

でも、そうやっていると、

周りから過保護に見られてしまわないかな、そのせいで子供がいじめられたりしたら…

と考えてしまいます。

 

ただ雨の日って足元が滑りやすいし、傘を振り回して壊してしまうかも知れないし、何かと親としては心配なんですよ~(/_;)

 

小学生を雨の日に送迎する親は多い?少ない?

実は、雨の日に小学生の我が子を送迎する親御さんって、最近は結構いるんですよね。

そのため、色んなトラブルが起きているんです。

 

自分のお子さんだけではなく、同級生も車に乗せてしまって、それから雨の日には毎回、同級生も送迎することになったという話もあります。

他人の子を車に乗せるって、もし事故を起こしてしまった時のことを考えると、すごく不安になってしまいますよね。

ましてや、雨の日は特に視界も悪いし、スリップもしやすいです。

 

他にも、送迎しに来た保護者の車が児童をはねてしまったり、保護者の車で通学路が渋滞してしまう、ということも発生しています。

 

つまり、お子さんを送迎したい親御さんが増えているんですよね。

以上のことを考えると、やっぱり雨の日の送迎って、すごく危険だし、学校や他の児童にも迷惑になるから、控えめにしておくべきだと思います。

 

台風接近などで、外を歩くのが危険な場合は、学校から送迎の要請がくるので、それがなければ基本的に徒歩で登下校させるのが良いでしょう。

 

ただし、地域によっては、アメリカのように保護者の送迎が普通の学校もあるので、その場合には、もちろん送迎しても大丈夫ですよ。

 

集団登校の場合、雨の日でも送迎はやめておくべき?

集団登校をする場合ならなおさら、雨の日でも送迎はやめておくべきでしょう。

集団登校をするってことは、他の児童と集合して登校するわけですよね。

 

そんな中、お子さん一人だけ車で送ってもらって登校だと、他の保護者から過保護だと思われてしまうし、お子さんも学校で何か言われてしまうかも知れません。

 

やむを得ず集団登校の時に、お子さんだけを送迎するなら、しっかり集団登校の班長に連絡しておいてくださいね。

転んだり、雨に濡れたり、傘を壊したり、という心配はありますが、子供やそうやって大きくなっていくものです。

 

親心も分かりますが、周辺で何か犯罪が発生したり、危険な野生動物が出たり、お子さんが足にケガをしていたり、外を歩くのが無理そうな悪天候の場合以外を除いて、基本的に車での送迎はせず、徒歩で登校させましょう。

 

まとめ

雨の日であっても、お子さんを小学校まで送迎するのは、基本的にやめておくことをおすすめします。

 

やっぱり過保護だと思われてしまうし、通学路に車が渋滞したりして、すごく危険なんですよね。

保護者が車での送迎を禁止している学校もあるんですよ。

特に通学路に危険がなく、お子さんも元気に登下校できるなら、雨が降っていても、徒歩で通学させるべきでしょう。

コメント