ダブルロックって同じ鍵?違う?同じ鍵なら意味なさそうだけど実際どうなの??



住宅

今、防犯のために玄関のカギをダブルロックにしている人が増えています。

我が家(マンション)も、最初からダブルロックでした。

ところが、ダブルロックですが同じ鍵を使ってあるんですよね。

同じ鍵をダブルロックにするのは、防犯上、果たして意味があるのでしょうか。

ずーっと気になっていたので、詳しく調べてみました。

  

ダブルロックは同じ鍵か違う鍵か

ダブルロックは、同じ鍵の場合もあれば、違う鍵の場合もあります。

自分でつける場合、どちらにするかは、その家の人が希望して決めます。

 

では、ダブルロックを同じ鍵にするという人の理由を見ていきましょう。

まず、「鍵をいくつも持ち歩くのが面倒だから」という理由です。

鍵は結構重さがあるので、複数持ち歩くのが面倒に感じることがありますよね。

更に、すぐに鍵を開けたい時などは、どうしても時間がかかってしまいます。

結局面倒になって片方しか閉めない…なんてことをしてしまう人もいるようですね。

このような理由から、ダブルロックを同じ鍵にする人もいます。

 

又、「同じ鍵を使っても、防犯上問題ないと聞いたから」という理由も挙げられます。

実際に、ダブルロックに同じ鍵を使ったとしても大丈夫という意見もあります。

これについては、次の項で詳しく見ていきたいと思います。

 

一方、「同じ鍵にするのは不安」という人は、あえて違う鍵にしているようですね。

中には、暗証番号が付いた電子キーを導入している人もいます。

世の中には「絶対安全」というものはありませんが、このような形であれば、安全度は大分上がります。

  

ダブルロックは同じ鍵のこともあるけど意味あるの?

さて、ダブルロックが同じ鍵の場合、防犯上、問題はないのかと思ってしまいますよね。

又、同じ鍵を2つ使っても、あまり意味がないのでは…と思うかもしれません。

 

結論から言ってしまうと、ダブルロックで同じ鍵を使っても問題はないようです。

ダブルロックで同じ鍵を使った場合、同じなのは鍵の外観だけということがほとんどです。

厳密に言うと、「細部の複製がしにくい鍵を2つ使っている」という形になります。

最近は、犯罪も巧妙化してきて、犯罪者による鍵のピッキングもかなりレベルが上がってしまいました。

それに対応するために、今、複製が難しい鍵が開発され続けています。

そのため、セキュリティ面は大丈夫と評判のようですよ。

  

ダブルロックの玄関は防犯上有効か

では、そもそもダブルロックの玄関は、防犯上有効なのでしょうか。

 

現代社会においては、防犯上、ぜひダブルロックにすることをオススメします。

確かにダブルロックは、「意味があるのかないのか」と意見が分かれますよね。

でも、ダブルロックにすることで、鍵を開けるのが面倒になることは事実です。

それによって、犯罪者から「この家は狙いにくい」と認定されます。

このことだけを考えても、ダブルロックにすることは、十分に意味があることだと思います。

 

もちろん、ダブルロックにしたからと言って、絶対に安全だとは言い切れません。

そのため、それに加えて、防犯センサーを取り付けるなどの工夫も必要になってくるでしょう。

特に、1人暮らしの女性は、防犯対策は二重・三重にする必要があります。

 

ダブルロックは、必ずしも完璧な防犯対策ではありません。

でも、最低限行っておきたい対策であることは、間違いありませんね。

とりあえず、ダブルロック標準装備の我がマンションでは、空き巣が入ったとの報告は今のところありません。

  

まとめ

ダブルロックは、同じ鍵を使う場合もあれば、違う鍵を使う場合もあります。

どちらの形で作るかは、その家の人の希望によります。

同じ鍵を使う場合、「防犯上、意味がないのでは」と思われてしまいがちです。

でも、複製しにくい鍵を作るため、安全上、問題ないと言われています。

ちなみに、ダブルロックは、最低限行っておきたい防犯対策の1つです。

もちろん、それだけでは不十分なので、もう1つくらい防犯対策を加えたいところです。

コメント