女性の一人暮らしでオートロックなしは怖い!ないなら防犯対策を!



住宅

女性が一人暮らしをする時、1番気をつけなければならないのが防犯です。

でも、オートロックが防犯対策として万全かと言えば、そうでもないようです。

又、オートロック付きではないところに住んでいる人は、どんな工夫をしたら良いのでしょうか。

ここでは、一人暮らしの女性向けの防犯対策についてお話します。

  

女性の一人暮らしにオートロックは必要?

「女性が一人暮らしするならオートロックがいい」と考えている人は多いかもしれません。

でも、本当に必要かと言うと、必ずしもそうではないようです。

確かにオートロックは、知らない人が建物内に入ることを事前に防ぐことはできます。

又、厄介な勧誘なども、部屋の前までやってこないというメリットもあります。

しかし、知らない人の立ち入りを全て防げるわけではありません。

私もオートロックのマンションに住んでいますが、実際人が部屋の前まで来るのなんて簡単なんですよね。

私の家族や知人は、「前の人が入っていくのについて入ってきたよ~」なんて普通に言っています。

確かに自分も、誰か自分が鍵を開けたときにサッと入ってきても、ここの住人かその家族かな?と気にかけないことがあります。

それに、見たことがない顔だな…と思っても、「入ってこないでください!」なんて、なかなか言えませんよね。

 

大切なのは、住んでいる人が常に防犯意識を持つということです。

 

このことから考えると、女性の一人暮らしに絶対オートロックが必要とは言い切れないでしょう。

もちろん、少しでも防犯対策を強くしたい人は、オートロックにしても良いと思います。

でも、無理をしてまでオートロック付きのところに住む必要はないかもしれません。

  

オートロックなしアパートでの防犯対策は

では次に、オートロックなしアパートに住んでいる人の防犯対策についてお話します。

 

まずおすすめしたいのは、ICキーと呼ばれる、後付けの電子キーの取り付けです。

これは、ICカードや暗証番号で開けることができる、電子式のカギです。

これを通常のカギにプラスすることで、防犯対策が強化されますよ。

しかも、ドアなどに穴をあける必要もないので、賃貸の場合でも取り付け可能です。

1万円前後くらいの値段で、ネット通販で手軽に買うことができますよ!

 

次におすすめしたいのは、窓用の防犯アイテムの設置です。


防犯グッズ マモレックス NEW トップ ガードロック No.535S シルバー 窓用補助錠 窓の鍵 防犯 鍵 窓 補助ロック

部屋への侵入は、ドアからだけでなく、窓からもできるということも知っておかなければなりません。

今は、窓サッシ用の補助ロックや、窓専用の防犯アラームが販売されています。

窓サッシ用の補助ロックは、1個300~400円台くらいで買うことができます。

窓専用の防犯アラームは、1,000円以下で買うことができます。

もっと性能の良いものが欲しければ、1,000~2,000円台で買うことができます。

ぜひ、「補助ロック+防犯アラーム」を組み合わせて、窓の防犯を万全にしましょう。


日本ロックサービス 防犯室内補助ロック シルバー DS-IN-1U [ホーム&キッチン] 00721054-001【00721054-001】[4936053610629]


オーム電機(OHM) 防犯アラーム 「窓の衝撃を感知」 OSE-ADX161VW[OSEADX161VW]


【朝日電器 エルパ ELPA】窓用防犯アラーム 薄型アラームダブル検知 2個入 ASA-W13-2P(PW)

  

オートロックだと安全かといえばそれも違う

先程もお話したように、「オートロック=絶対に安全」というわけではありません。

ロックを解除して建物のドアが開いた時、不審者が一緒に中に入ってしまうこともあるわけですね。

又、オートロックだということで、「絶対に安全だ」と安心しきってしまうこともあります。

そうなった場合、どうしても防犯への意識が低くなってしまいますよね。

実際に、オートロックだということで安心してしまい、窓のカギをかけ忘れている人も多いようです。

 

このように、オートロックであっても、防犯への意識は常に必要です。

特に、マンション内に入る時は、周りに不審者がいないかどうかを確かめてから入りましょう。

そしてもちろん、窓も常にきちんと施錠しておいてくださいね。

  

まとめ

女性が一人暮らしをする場合、オートロックにすれば、もちろん安全度は増します。

でも、オートロックが100%安全な防犯対策かと言えば、そうではありません。

全てをオートロックに頼らず、日頃から防犯への意識を持つようにしましょう。

特に、窓用の防犯アイテムや、後付けのカギなどを使うことをオススメします。

コメント