私がバカでした!帽子が洗濯できることを知らずにいたなんて・・・



洗濯

帽子は洗濯できないって思っていませんか?

臭いが気になってきたら、消臭剤スプレーを吹きかけて

ごまかしていませんか?

 

私も以前はそんなことをしていました。

 

でも、帽子ってかなり汗がついて汚れるんですよ~。

いやぁ、汗がたっぷり浸み込んでいるなんて…恐ろしいことです。

 

まずは洗濯表示をチェック!

 

洗濯機で洗えるか

オケのマークに40という数字が書いてあるもの、

オケマークに30という数字が書いてあるもの、

四角の中に丸マークがあるものは

自宅の洗濯機で洗うことができます。

 

オケのマークに40という数字が書いてある…洗濯機で洗えるのですがお湯の温度は40度まで

オケのマークに30という数字が書いてある…洗濯機で洗えるのですがお湯の温度は30度まで

四角の中に丸マークがあり、更に中に点マークが1つある…タンブル乾燥を60度までできる

 

上記の洗濯表示をさらに細かく分類すると以下の表示になります。

オケマークの下に1本の横棒がある…洗濯機で優しく洗うことができる

オケマークの下に3本の横棒がある…洗濯機で非常に優しく洗うことができる

 

ちなみに以下の洗濯表示は家庭では洗濯できないという表示です。

オケマークに×マーク

 

漂白剤は使えるか

△マーク…塩素系漂白剤が使える

△マークの中に斜線がある…塩素系漂白剤は使えないが、酸素系漂白剤は使える

△マークに×マーク…漂白剤は一切使えない

 

干し方の表示

□マークの中に縦線が1本ある…絞ってからつるして天日干しができる

□マークの中に縦線が1本あり、左上に斜線が1本ある…絞ってからつるして陰干しができる

□マークの中に縦線が2本ある…絞らずにつるして乾かせる

□マークの中に横線が1本ある…平干しで型崩れを防ぐように干せる

 

詳しくは消費庁のホームページに記載してあります。

以下のURLをクリックして確認してみてくださいね。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/pdf/laundry_symbols_161006_0004.pdf

 

型崩れしない洗い方はこれ!帽子に使える洗濯ネットもあるらしい

 

用意する物

〇洗面器または洗面台

〇おしゃれ着用中性洗剤

〇帽子をすっぽり包めるくらいの大きめのタオル

〇ザル

 

洗濯の仕方

1.洗剤液を作ります。

洗面器に30℃くらいのぬるま湯を張り、

そこに中性洗剤をいれて、洗濯液を作ります。

 

2.帽子を洗います

洗濯液に帽子を入れ、優しく押し洗いをします。

このとき、つばの部分が折れないように注意してください。

 

内側は、特に汚れがたまるところなので入念に洗いましょう。

 

3.すすぎ洗いをします

洗濯液を捨て、新しいぬるま湯に変えて

もう一度押し洗いをします。

これを2~3回繰り返すことで、

帽子にしみ込んだ洗剤をしっかり取り除きます。

脱水を短時間で済ませるのがポイントです。

 

4.水気を取ります

大きめのタオルで帽子を包み、水分をしっかりふき取ります。

全体をタオルで包むことで、水分をしっかり吸収することができます。

 

5.乾燥させます

ザルに帽子をかぶせて、風通しの良い日陰で平干ししましょう。

洗濯バサミで吊るすと、跡がついてしまうので注意してください。

 

キャップやシルクハットなど、絶対に手洗いしたほうがいいものもありますが、

小学校の頃の赤白帽や、コットン素材でできたハット帽など、

洗濯機で洗濯できるものもあります。

 

帽子には、洗濯表示がついているので、

確認してから手洗いにするか洗濯機にするか、決めましょう。

 

まとめ

帽子は洗濯できるというのは驚きですよね。

 

帽子の内側というのは汚れが蓄積されやすいので、

その部分だけいらなくなった歯ブラシなどで

丁寧にこするというのも良いかもしれませんね。

 

帽子を脱いだら、帽子の内側が汚いから他人に見せられない!

なんてことはないように清潔で常に綺麗な帽子を使いたいですね。

 

ぜひ、お子さんのためにも、お子さんと一緒に楽しみながら

帽子の洗い方を教えてあげてくださいね。

コメント