ボールペンをポケットに入れたまま洗濯しちゃった!染み抜きに除光液は使える?



洗濯

ボールペンをついついポケットに入れたまま

洗濯してしまうなんてことありますよね〜!

私もよくあります・・・。

よくあるので、よくシミをつけるので、

その分洋服のシミを落としてきた回数も多いです・・・。

 

毎回自宅で染みを抜きしてますが、9割方のシミは落としてますよ!

しかも超簡単ですし、家にあるもので落とせるので是非参考にしてみてください。

 

もう、シミができてしまったからと言って諦めなくていいんですよ。

 

ボールペンの染み抜きの方法

染み抜きを行う前に行いたいこと

すぐに染み抜きをしたい気持ちは分かります。

しかし、まずは落ち着いてください。

染み抜きをしようと、薬品を洋服につけたところで

それが別の大きなシミになってしまう原因もあります。

 

それを防ぐためには、

目立たない部分に薬品をつけてみてシミにならないかを確認してみましょう。

 

用意するもの

キッチンペーパー、綿棒、紙コップ、中性洗剤、消毒用のエタノール、マスク、手袋

 

方法

まず、臭いに敏感な方やお肌が弱い方、

小さなお子さんやペットがいるご家庭は、

マスクや手袋をつけて、換気をしながら行いましょう。

 

中性洗剤と消毒用のエタノールを紙コップに1:1の比率になるようにして入れて、綿棒などでよく混ぜます。

 

②インクがついた生地の部分を裏返しにします。

 

③汚れを叩きます。

 

シミの部分の下にキッチンペーパーを敷いて

先ほど混ぜておいた液体を綿棒などに染み込ませて、

トントンと優しい力で汚れがある部分を叩きます。

※これを何回か繰り返してしっかりと汚れをキッチンペーパーに染み込ませます。

 

⑤その後は、普通の洗濯物と洗濯してください。

 

除光液と歯ブラシで染み抜きをする方法

用意するもの

除光液、ぞうきん、歯ブラシ、紙コップ、マスク、手袋

やり方

①除光液を紙コップに入れます。

 

②ボールペンがついてしまった洋服に、ぞうきんを敷いて、裏返しにします。

 

③歯ブラシに除光液をつけ、トントンと優しく叩いきます。

④ぞうきんをずらして、ボールペン汚れを布に写すイメージで繰り返し行います。

 

⑤ぞうきんにボールペンがつかなくなったら、いつも通り洗濯します。

 

それでもだめな時はクリーニング?料金はどのくらいかかるの?

クリーニング店でのシミ取り料金というのは、

実はシミ取りの難しさというよりも、シミの面積で決まるところが多いようです。

 

一箇所の小さなシミなら300〜500円くらいで、大きなシミだと2000〜3000円くらい

 

3000円もするとなると結構な金額ですが、お気に入りの洋服であれば

それくらい出してもシミを落としてもらう価値があると思いますよ。

 

まとめ

2つのシミ取り方法がありましたね。

 

・中性洗剤と消毒用のエタノール

・徐光液

 

私は徐光液のシミ取りを重宝しています〜!

女性なら1本は持っている人多いですし、徐光液って結構余らせてしまうんですよね。

だから、消費するためにもいいんですよ。徐光液、おすすめです!

 

それでも落ちない場合にはクリーニングになってしまいますが、

徐光液のやり方でかなりの確率で落ちます。

それでもお気に入りの洋服ならクリーニングしてあげて大事に使ってくださいね。

 

お洗濯に関しては、こちらもおすすめ♪
えっ!?タオルがピンク色に!!変色に隠された真実とは!

コメント