気になるカーディガン(ニット類)のハンガー跡とたたみじわの直し方



洗濯

カーディガンにハンガーの跡やたたみじわがあると、

気になってしまってすぐには着られないですよね。

 

着ていればしわがなくなっていることもありますけど

やっぱり気になる・・・。

 

そんなときに、すぐになおせる方法と、

跡やしわをつけない方法を一緒にご紹介していきますね。

 

ハンガーの跡の直し方と、跡がつかない干し方

ハンガー跡の直し方

用意する物

・アイロン(ドライヤーでも代用可能)

・霧吹き

 

手順

アイロンを温めます。

跡がついてしまった部分に霧降きで水をかけて、跡を慣らしていきます。

 

とっても簡単で、数分で直るのおすすめです。

 

そもそも跡をつけない方法

・平干し

用意する物

・大き目のバスタオル

・お風呂の蓋

手順

平干し専用のネットに、ニットを広げて干すだけ!


かんたんニット干しネット 3段タイプ

 

これ、私は枕を干すのにも使っていますよ。

 

専用のネットがなかったり、わざわざ買いたくない場合には、

 

お風呂の蓋の上に、ニットを置けるほどの大きさのバスタオルを用意します。

その上に、ニットを広げていって干します。

 

大きいネットや長めのネットは、蓋を広げてバスタオルを2枚くらい広げます。

その上に乗せるだけで干せますよ。

 

お風呂に干したいけど、ふたの上におくのはなんだかな~という人は、

こういう商品を試してみてもいいかもしれませんね。


物干し お風呂で平干しネット 洗濯ネット ( セーター干し ニット干し 平干し 型崩れ防止 ダイヤ 室内干し 陰干し 日陰 )

 

・つり干し

用意する物

・物干しざお

手順

物干しざおに、ニットの胴体の部分を半分に折り曲げて干すだけ!

 

袖は垂らさないようにしてくださいね。

よれたり、伸びたりする原因になってしまいます。

 

飛ばされるのが心配な場合にはお風呂でやってもいいですし、

洗濯ばさみで留めておけば大丈夫ですよ。

 

ただ、洗濯ばさみの跡がつくことがあるので、止める場所は目立たないところにしてくださいね。

 

・ハンガーにタオルなどを巻く

用意する物

・ハンガー

・いらないタオル

手順

いらないタオル一枚をハンガーの肩の部分に巻いていって、

輪ゴムでほどけないように留めてからネットを干します。

 

伸びが気になる場合には、もう1本ハンガーを用意して

裾や袖の部分をもう1本のハンガーにかけて洗濯ばさみで留めましょう。

 

ニットはたたみじわも気になる…しわにならないたたみ方はこれ

 

ニットのたたみかた

手順

①机や床にニットおいて、ニットの背中側を天井に向けます。

 

両方の袖部分を谷折りにします。

背中で両方の袖が平行になるようにしましょうね。

 

③収納ケースなどに合わせて、肩から裾部分を縦に谷折りにします。

 

④さらに、長さも収納ケースに合わせて、袖の部分から方部分へと谷折りにします。

 

⑤表にしたら完成です。

 

もし厚みのあるニットの場合には、

裾部分から方部分へと谷折りをしてからしまいましょう。

 

丸めて収納

手順

①机や床にニットおいて、ニットの背中側を天井に向けます。

 

②両方の袖部分を谷折りにして、裾部分から方部分へと丸めていきます。

 

しわが付きにくい方法ですし、収納ケースの中に立てて収納することができます。

私は、簡単にできるのでついついこの方法をしてしまいますね。

 

つるす

手順

①ニットを縦半分にたたんでから、脇部分にハンガーの上部分が来るように置きます。

②袖をどちらともハンガーの肩部分に乗せたら完成です!

 

しわもできないですし、伸びることもないですよ。

 

まとめ

しわは、アイロンやドライヤーで簡単になおすことができますよ。

簡単なので、以外と急いでいてもちゃちゃっとできます。

 

そして、たたむ、丸める、つるす方法をご紹介しました!

この方法で、私も大分ニットを伸ばしてダメにしちゃうことも、

しわで直ぐに着られなかったりすることもなくなりましたよ。

やってみてくださいね。

コメント