即リピしたくなる!ダイソーのカラフルアイシャドウが熱い!使い方を教えます!



プチプラコスメ

ダイソーのカラフルアイシャドウ。

カラーを色々と選ぶことができるので楽しいということもありますし、

1つのパレッドに様々な色が入っているので1つ購入しておけば

一通りのメイクはできてしまいます。

 

使い方もご紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

アイシャドウに使えるアイテム

〇アイシャドウを塗るアイテム

・チップ

ここに塗りたい!

細かい部分へとピンポイントでアイシャドウを塗っていく時に使いやすいです。

 

色が割としっかりめにつくので、目のきわ部分などの強調したい部分にはとってもいいですよ。

 

ただ、チップで強い力を使ってまぶたに塗っていくと、

目元にかなりの刺激が加わってしまいます。

 

優しく塗りましょう!

 

・ブラシ

ブラシはチップとは対照的に、広い範囲へとアイシャドウを塗っていく時に良いです。

色の発色をやさしくさせたい時なんかに便利。

 

また、ふんわりと色がつくので、グラデーションを作りやすいというメリットがあります。

大きめのブラシは上まぶたへ、小さめのブラシは下まぶたへと塗りやすいです。

 

〇ダイソーのアイシャドウには何種類かある

・ハイライトカラー

何種類か色があるパレットの中で、一番明るくて薄い色がハイライトカラー。

まぶたの全体へと透明感や光沢を加えます。

ブラシや指などでふんわりと塗っていきます。

 

・ミディアムカラー

ハイライトカラーと次にご紹介するシェイドカラーの間の色のことです。

明るい色と濃いめ色を塗ったときに、その間の部分をぼかしていき、

グラデーションを綺麗につけるための色です。

 

・シェイドカラー

メインカラー、ディープカラー、ダークカラーなどと呼ばれることもあります。

一番濃くて、まぶたに塗ったアイシャドウの色を締める色のことです。

 

目のきわへと塗ることが多く、これにより目元が引き締まります。

 

実際の使い方

〇基本の使い方

 

ハイライトカラー(薄い色のアイシャドウ)を目の上まぶたの内側に塗ります。

アイラインを塗るのなら、アイラインのすぐ上の部分に塗りましょう。

 

ミディアムカラーで、①よりも濃い目の色を二重の上側に塗っていき、上へ上へとぼかしていきましょう。

 

下瞼へは、黒目から眼がしら部分に①のときに塗ったハイライトカラー(一番薄い色のアイシャドウ)を塗ります。

 

④目尻から黒目の外側へと②で塗った色を塗っていきます。

 

〇グラデーションをつける使い方

ハイライトカラー(一番薄い色のアイシャドウ)を目がしら寄りに、まぶた全体へと塗っていきます。

 

①で塗った色のアイシャドウを下まぶたの目がしらから黒目の内側へと塗っていきます。

 

ミディアムカラー(①と②の次に明るいアイシャドウ)を黒目の上の部分に多めに塗りながら、上まぶた全体と下まぶたの目がしら寄りに塗っていきます。

 

④アイラインを引く場合にはここで塗ります。シェイドカラー(一番暗いアイシャドウ)を目の際付近に塗っていきます。

 

まとめ

チップとブラシはもっていると便利ですが、

ダイソーのカラーアイシャドウにはチップが付いています。

 

ブラシは購入しなくても、指で塗っていけばいいのでなくても大丈夫です。

 

カラーアイシャドウの中には、さらに何種類かの色があり、

それを使い分けて塗っていくことで綺麗な目元になりますよ。

 

ぜひ、一度ダイソーで好みのカラーアイシャドウがあるか見てみてください。

コメント